Santa Lab's Blog


「太平記」一宮並妙法院二品親王の御事(その2)

同じき日、妙法院めうほふゐん二品にほん親王しんわうをも、長井ながゐ左近の大夫将監たいふしやうげん高広たかひろを御警固にて讚岐の国へ流し奉る。昨日きのふは主上御遷幸せんかうの由をうけたまはり、今日けふは一の宮被流させ給ひぬと聞こし召し、御心を傷ましめ給ひけり。憂き名も替はらぬ同じ道に、しかも別れて赴き給ふ、御心のうちこそ悲しけれ。初めのほどこそ別々べちべちにて御下りありけるが、十一日の暮れほどには、一の宮も妙法院も諸共に兵庫ひやうごに着かせ給ひたりければ、一の宮はこれより御舟に召して、土佐のはたへ可有御下由聞こへければ、御文をまゐらせ給ひけるに、

今までは 同じ宿りを たづね来て 跡なき波と 聞くぞ悲しき




同じ日、妙法院二品親王(宗良むねよし親王=尊澄法親王。第九十六代後醍醐天皇の皇子)も、長井左近大夫将監高広(長井高広)を警固に付けて讚岐国へ流しました。昨日は主上(第九十六代後醍醐院)が遷幸されたことを聞き、今日は一の宮(尊良たかよし親王。第九十六代後醍醐天皇の皇子)が流されたと聞いて、心を傷めていました。そして妙法院二品親王もまた同じ道に、しかも別れて赴く、心の内は悲しいものでした。初めのほどは(尊良親王)とは別々に下られていましたが、十一日の暮れほどには、一の宮(尊良親王)も妙法院(尊良親王)もともに兵庫に付いて、一の宮はここから舟に乗って、土佐の畑(幡多。現高知県幡多郡)に下られると聞こえたので、文を参らせました、

今まではお互いに宿りを行き来しておりましたが、跡の残らない波の上を行かれるとお聞きしました、これきり逢えないのかと思えば、悲しくて仕方ありません。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-26 08:17 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」一宮並妙法院二品親王...      「太平記」一宮並妙法院二品親王... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧