Santa Lab's Blog


「太平記」先帝遷幸の事(その1)

明くれば三月七日、千葉の介貞胤さだたね小山をやまの五郎左衛門、佐々木の佐渡の判官はうぐわん入道道誉だうよ五百余騎にて、路次ろしを警固仕りて先帝を隠岐の国へ遷し奉る。供奉ぐぶの人とては、一条頭大夫とうだいぶ行房ゆきふさ六条ろくでうの少将忠顕ただあき、御介錯かいしやく三位殿さんみどの御局ばかりなり。そのほかは皆甲冑かつちうよろひて、弓箭きゆうせん帯せる武士ども、前後左右ぜんごさいうに打ち囲み奉りて、七条を西へ、東洞院ひがしのとうゐんしもへ御車をきしれば、京中きやうぢゆう貴賎男女きせんなんによ小路こうぢに立ち並びて、「まさしき一天の主を、しもとして流し奉る事の浅ましさよ。武家の運命今に尽きなん」と所憚なく云ふ声ちまたに満ちて、ただ赤子の母を慕ふが如く泣き悲しみければ、聞くにあはれをもよほして、警固の武士も諸共に、皆よろひの袖をぞ濡らしける。桜井さくらゐの宿を過ぎさせ給ひける時、八幡やはたを伏しをがみ御輿を舁き居ゑさせて、再び帝都還幸くわんかうの事をぞ御祈念ありける。八幡大菩薩はちまんだいぼさつまうすは、応神天皇おうじんてんわう応化おうげ百王鎮護ちんごの御誓ひあらたなれば、天子行在あんざいの外までも、定めて擁護おうごの御まなじりをぞ廻らさるらんと、頼もしくこそ思し召しけれ。




明ければ(元弘二年(1332))三月七日、千葉介貞胤(千葉貞胤)、小山五郎左衛門、佐々木佐渡判官入道道誉(佐々木道誉)は五百余騎で、道中を警固して先帝(第九十六代後醍醐天皇)を隠岐国へ遷しました。供の人は、一条頭大夫行房(一条行房=世尊寺行房)、六条忠顕(六条忠顕=千種忠顕)、介錯([付き添って世話をすること])は三位殿の局(阿野廉子れんし。後醍醐天皇の寵妃)だけでした。そのほかは皆甲冑を着て、弓矢を持った武士どもが、前後左右を打ち囲んで、東洞院大路を南へ車を進めると、京中の貴賎男女が小路に立ち並んで、「まさしき一天の主([天皇])を、下々の者がながされるのはなんと浅はかなことか。武家の運命も今に尽きよう」と憚ることなく言う声が巷に満ちて、まるで赤子が母を慕うかのように泣き悲しんだので、これを聞いてあわれに思って、警固の武士も同じく、皆鎧の袖を濡らしました。桜井宿(桜井駅。現大阪府三島郡島本町桜井)を過ぎる時、八幡(現京都府乙訓郡大山崎町にある離宮八幡宮)を伏し拝み輿を舁き居えさせて、再び帝都に還幸できるよう祈念されました。八幡大菩薩と申すのは、応神天皇(第十五代天皇)の応化([仏・菩薩が世の人を救うために、相手の性質・力量に応じて姿を変えて現れること])で百王鎮護の誓いあらたかでしたので、天子行在([行宮]=[天皇が外出したときの仮の御所])の外までも、定めて擁護([侵害・危害から、かばい守ること])されることだろうと、頼もしく思われるのでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-26 23:29 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」塩田父子自害の事(その1)      「太平記」中宮御歎の事 >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧