Santa Lab's Blog


「太平記」備後三郎高徳事付呉越軍の事(その9)

太宰たいさい顔色がんしよくまことに解けて、「事以つて不難、我必ず越王ゑつわうの罪をば可申宥」とてやがて呉王の陣へぞ参りける。太宰否すなはち呉王の玉座に近付き、事の子細を奏しければ、呉王おほきに怒つて、「呉と越と国を争ひ、兵を上ぐる事今日こんにちのみにあらず。しかるに勾践こうせんきはまつて呉のとりことなれり。これ天の我に与へたるにあらずや。なんぢこれを知りながら勾践が命を助けんと請ふ。敢へて非忠烈之臣」のたまひければ、太宰否重ねてまうしけるは、「臣雖不肖、いやしくも将軍のがうを被許、越の兵と戦ひを致す日、廻謀大敵を破り、軽命勝つ事を快くせり。これひとへに臣が丹心の功と云ひつべし。為君王の、天下の太平を謀らんに、あに一日も尽忠不傾心や。つらつら計事是非、越王ゑつわう戦に負けていきほひ尽ぬといへども、残るところのつはものなほ三万余騎、皆逞兵鉄騎ていへいてつきの勇士なり。呉の兵雖多昨日のいくさに功あつて、自今後は身を全うして賞をむさぼらん事を思ふべし。越の兵は小勢なりといへども心ざしを一つにして、しかも遁れぬところを知れり。『窮鼠かへつて噛猫、闘雀とうじやく不恐人』といへり。呉越重ねて戦はば、呉は必ず危ふきに可近る。不如先づ越王の命を助け、一畝いつぽの地を与へて呉の下臣と成さんには。しからば君王呉越ごゑつ両国りやうこくを合はするのみにあらず。せいしんてうも悉く不朝云ふ事あるべからず。これ根を深くしほぞを固うする道なり」と、理を尽くして申しければ、




太宰否(喜否)はたちまち上機嫌になって、「容易いことよ、必ずや越王(勾践)の罪を赦されるよう申し上げる」とやがて呉王(夫差)の陣へ参りました。太宰否はたちまち呉王の玉座に近付き、事の子細を奏すと、呉王(夫差)はたいそう怒って、「呉と越は国を争い、兵を上げることは今日ばかりではないぞ。そして夫差は運窮まって呉の囚われの身となったのだ。これは天が我に与えたものではないか。お前はそれを知りながら勾践の命を助けよと申す。忠烈の臣ではないのか」と申せば、太宰否が重ねて申すには、「わたしは不肖といえども、いやしくも将軍の位を許されて、越の兵と戦いを致し、謀略をもって大敵を破り、命を軽んじて勝つことを得ました。これひとへに臣が丹心([嘘偽りのない、ありのままの心])の功ではございませんか。君王ため、天下の太平を思っておりますれば、どうして一日も忠を尽くす心に背くことがございましょう。よくよく事の是非を計らいますれば、越王(勾践)は戦に負けて勢い尽きるといえども、残る兵はなおも三万余騎、皆逞兵鉄騎(たくましく勇ましい兵士)の勇士でございます。呉の兵は多くおりますが昨日の戦で功を立てた、今はただ賞を貪ることばかりを考えております。越の兵は小勢ですが心ざしを一つにして、しかも遁れられぬことを知っております。『窮鼠猫を噛む、闘雀は人を恐れぬ』と申します。呉越が重ねて戦えば、呉は必ずや危ないこともございましょう。しかればまずは越王(勾践)の命を助け、一畝の地を与えて呉の下臣となすべきです。そうすれば君王(夫差)は呉越両国を物にするのみならず、斉・楚・秦・趙も残らず我が物とすることができましょう。これは根を深くし蔕([植物の茎と果実を接続する部分])を太くする道でございます」と、理を尽くして申しました、


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-29 08:13 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」備後三郎高徳事付呉越...      「太平記」塩飽入道自害の事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧