Santa Lab's Blog


「太平記」薩多山合戦の事(その1)

将軍は八相山はつさうやまの合戦に打ち勝つて、やが上洛しやうらくし給ひけるを、十月十三日じふさんにち、また直義ただよし入道可誅罰の由、重被成宣旨ければ、翌日軈て都を立つて鎌倉へ下り給ふ。ひたすらに洛中に勢を残さざらんも、南方の敵に隙を窺はれつべしとて、宰相さいしやう中将ちゆうじやう義詮よしあきら朝臣をば、都の守護にぞ被留ける。将軍すでに駿河の国に着き給ひけれども、遠江より東、東国・北国の勢ども、早や悉く高倉殿へ馳せ付いてければ、将軍へははかばかしき勢も不参。かくて無左右鎌倉へ寄せん事難叶。先づしばらく要害に陣を取つてこそ勢をももよほさめとて、十一月晦日つごもり駿河の薩多山さつたやまに打ち上り、東北に陣を張り給ふ。相順あひしたがふ兵には、仁木につき左京さきやうの大夫頼章よりあきら・舎弟越後ゑちごかみ義長よしなが・畠山阿波あはの守国清くにきよ兄弟四人・今河五郎入道心省しんしやう・子息伊予守・武田の陸奥守・千葉介・長井ながゐ兄弟・二階堂にかいだう信濃入道・同じき山城判官、その勢わづかに三千余騎には不過けり。




将軍(足利尊氏)は八相山(虎御前山。現滋賀県長浜市)の合戦に打ち勝って、上洛していましたが、十月十三日、直義入道(足利直義。足利尊氏の弟)誅罰の由、重ねて宣旨があったので、翌日たちまち都を立って鎌倉に下りました。洛中に勢を残しておかなくては、南方(南朝)の敵に隙を窺われると、宰相中将義詮朝臣(足利義詮。足利尊氏の嫡男)を、都の守護として留めました。将軍は駿河国に着きましたが、遠江(現静岡県西部)より東の、東国・北国の勢どもは、すでに残らず高倉殿(足利直義)に馳せ付いていましたので、将軍方へは大して勢は参りませんでした。このまま鎌倉へ寄せることは困難でした。まずはしばらく要害に陣を取って勢を集めようと、十一月晦日に駿河の薩埵山(現静岡県静岡市清水区にある薩埵峠)に打ち上り、東北に陣を張りました。相従う兵は、仁木左京大夫頼章(仁木頼章)・舎弟越後守義長(仁木義長)・畠山阿波守国清(畠山国清)兄弟四人・今河五郎入道心省(今川範国のりくに)・子息伊予守(今川貞世さだよ)・武田陸奥守(武田信春のぶはる)・千葉介(千葉氏胤うぢたね?)・長井兄弟・二階堂信濃入道(二階堂行朝ゆきとも)・同じく山城判官(二階堂行村ゆきむらと思われるがこの時すでに没。子の行方ゆきかた?)、その勢わずかに三千余騎に過ぎませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-30 15:09 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」薩多山合戦の事(その2)      「太平記」塩飽入道自害の事(その2) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧