Santa Lab's Blog


「太平記」薩多山合戦の事(その2)

去るほどに将軍すでに薩埵山さつたやまに陣を取つて、宇都宮が馳せ参るを待ち給ふ由聞こへければ、高倉殿先づ宇都宮へ討つ手を下さでは難義なるべしとて、桃井もものゐ播磨のかみ直常なほつねに、長尾ながを左衛門さゑもんじよう、並びに北陸道ほくろくだう七箇国の勢を付けて、一万余騎上野かうづけの国へ被差向。高倉禅門も同じき日に鎌倉を立つて、薩埵山へ向かひ給ふ。一方には上杉民部の大輔憲顕のりあきを大手の大将として、二十万にじふまん余騎由井ゆゐ蒲原かんばらへ被向。一方には石堂入道・子息右馬のかみ頼房よりふさを搦め手の大将として、十万じふまん余騎宇都部佐うつぶさまはつて押し寄する。高倉禅門は寄せ手の惣大将そうだいしやうなれば、宗との勢十万余騎をしたがへて、未だ伊豆いづこふにぞ控へられける。




将軍(足利尊氏)はすでに薩埵山(現静岡県静岡市清水区にある薩埵峠)に陣取って、宇都宮(宇都宮公綱きんつな)が馳せ参るのを待っていると聞こえたので、高倉殿(足利直義ただよし。足利尊氏の弟)はまず宇都宮へ討手を下さずば難儀であると、桃井播磨守直常(桃井直常ただつね)に、長尾左衛門尉(長尾景忠かげただ)、および北陸道七箇国の勢を付けて、一万余騎を上野国に差し向けました。高倉禅門も同じ日に鎌倉を立って、薩埵山に向かいました。一方には上杉民部大輔憲顕(上杉憲顕)を大手([敵を表門または正面から攻める軍隊])の大将として、二十万余騎を由井(現静岡県静岡市清水区)・蒲原(現静岡市静岡県清水区)に向かわせました。一方には石堂入道(石塔義房よしふさ)・子息右馬頭頼房(石塔頼房)を搦め手([城の裏門や敵陣の後ろ側を攻める軍勢])の大将として、十万余騎が宇都部佐(現静岡県富士宮市内房?)を廻って押し寄せました。高倉禅門(足利直義)は寄せ手の総大将でしたので、主な勢十万余騎を従えて、まだ伊豆の国府(現静岡県三島市)に控えていました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-30 15:15 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」薩多山合戦の事(その3)      「太平記」薩多山合戦の事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧