Santa Lab's Blog


「太平記」慧源禅門逝去の事(その1)

斯かりし後は、高倉殿に付きしたがひ奉る侍の一人もなし。ろうの如くなる屋形の荒れて久しきに、警固の武士を被居、事に触れたる悲しみ耳に満ちて心を傷ましめければ、今は憂き世の中に永らへても、よしや命も何かはせんと思ふべき、我が身さへ無用物に歎き給ひけるが、無幾程その年の観応三年壬辰みづのえたつ二月二十六日にじふろくにちに、忽ちに死去し給ひけり。にはかに黄疽わうだんと云ふ病ひに被犯、無墓成らせ給ひけりと、外には披露ありけれども、まことには鴆毒ちんどくゆゑに、逝去し給ひけるとぞささやきける。




この後は、高倉殿(足利直義ただよし。足利尊氏の弟)に付き従う侍は一人もいませんでした。まるで篭のような屋形は荒れて久しく、警固の武士を囲まれて、事に触れて悲しみは耳に満ちて心を痛ませ、今は憂き世の中に永らえても、命の甲斐もないと思われて、我が身を無用の物と嘆いていましたが、ほどなくその年の観応三年(文和ぶんな元年(1352))壬辰二月二十六日に、たちまちにして死去しました。にわかに黄疽という病いに冒され、はかなくなったと、外には披露がありましたが、本当は鴆毒([鴆の羽にあるという猛毒])のために、逝去したと人々はささやき合いました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-30 19:39 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」慧源禅門逝去の事(その2)      「太平記」薩多山合戦の事(その11) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧