Santa Lab's Blog


「太平記」安東入道自害の事付漢王陵事(その1)

安東左衛門入道聖秀しやうしうまうせしは、新田義貞よしさだの北の台の伯父をぢ成りしかば、かの女房義貞の状に我が文を書き添へて、ひそかに聖秀が方へぞ被遣ける。安東、始めは三千余騎にて、稲瀬川いなせがはへ向かひたりけるが、世良田せらだ太郎が稲村崎いなむらがさきより後ろへまはりける勢に、陣を被破て引きけるが、由良・長浜が勢に被取篭て百余騎に被討成、我が身も薄手数多あまた所負うて、おのたちかへつたりけるが、今朝こんてう巳の刻に、宿所は早や焼けてその跡もなし。妻子遣属さいしけんぞくはいづちへか落ち行きけん、行方ゆくへも不知成つて、可尋問人もなし。これのみならず、鎌倉殿の御屋形も焼けて、入道殿にふだうどの東勝寺へ落ちさせ給ひぬとまうす者ありければ、「さて御屋形の焼け跡には、傍輩はうばい何様腹切り討ち死にして見ゆるか」とたづねければ、「一人も不見候」とぞ答へける。これを聞いて安東、「口惜くちをしき事ことかな。日本国のあるじ、鎌倉殿ほどの年来住み給ひし処を敵の馬のひづめに懸けさせながら、そこにて千人も二千人も討ち死にする人のなかりし事よと、後の人々に被欺事こそ恥辱なれ。いざや人々、とても死せんずる命を、御屋形の焼け跡にて心しづかに自害して、鎌倉殿の御はぢすすがん」とて、被討残たる郎等らうどう百余騎を相従あひしたがへて、小町口へ打ち臨む。




安東左衛門入道聖秀(安東聖秀)と申すは、新田義貞の北の方の伯父でしたので、女房が義貞の状に文を書き添えて、密かに聖秀方へ届けました。安東(聖秀)は、はじめは三千余騎で、稲瀬川(現静岡県静岡市清水区および富士宮市を流れる富士川水系の一級河川)に向かいましたが、世良田太郎が稲村崎(稲村ヶ崎。現神奈川県鎌倉市)より背後に回った勢に、陣を破られて引き退きました、由良・長浜の勢に取り籠められて百余騎に討ちなされ、我が身も薄手を数多く負って、己の館に帰りました、けれども今朝巳の刻([午前十時頃])に、宿所は早や焼けてその跡もありませんでした。妻子遣属([眷属]=[一門])はどこへ落ちて行ったのか、行く方も知れず、訊ねる人さえいませんでした。これに止まらず、鎌倉殿の館も焼けて、入道殿(北条高時たかとき聖秀しやうしう)は、「無念なことよ。日本国の主、鎌倉殿(北条高時たかとき。鎌倉幕府第十四代執権)が年来住んでおられた所を敵の馬の蹄に駆けられたというのに、そこで千人も二千人も討ち死にする人がいなかったと、後の人々に笑われることこそ恥辱である。さあ人々よ、討ち死にしなかったこの命を、館の焼け跡で心静かに自害して、鎌倉殿の恥を雪ごうではないか」と申して、討ち残った郎等([家来])百余騎を引き連れて、小町口に向かいました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-31 08:42 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」新田左兵衛佐義興自害...      「太平記」相公江州落事(その2) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧