Santa Lab's Blog


「太平記」新田左兵衛佐義興自害事(その2)

天に耳なしと言へどもこれを聞くに人を以つてする事なれば、互ひに隠密しけれども、兄はおととに語り子は親に知らせける間、この事なきほど鎌倉の管領くわんれい足利左馬のかみ基氏もとうぢ朝臣・畠山入道道誓だうせいに聞こへてげり。畠山大夫入道これを聞きしより敢へて寝食を安くせず、在所を尋ね聞いて大勢を差し遣はせば、国内通計つうげして行く方を知らず。また五百騎三百騎の勢を以つて、道に待ちて夜討ちに寄せて討たんとすれば、義興よしおきさらに事ともせず、蹴散らしては道を通り打ち破つては囲みを出でて、千変万化せんべんばんくわすべて人のわざにあらずと申しける間、今はすべきやうなしとて、手に余りてぞ思へける。さてもこの事いかがすべきと、畠山入道道誓昼夜ちうや案じ居たりけるが、ある夜密かに竹沢右京うきやうすけを近付けて、「御辺は先年武蔵野の合戦の時、かの義興の手にしよくして忠ありしかば、義興も定めてその旧好きうかうを忘れじとぞ思はるらん。さればこの人をたばかつて討たんずる事は、御辺に過ぎたる人あるべき。いかなるはかりことをもめぐらして、義興を討つて左馬のかみ殿の見参に入れ給へ。恩賞は宜依請に」とぞ語られける。




天に耳なしと言いますがこれを聞くのは人伝てによるもの、互いに隠密にとすれども、兄は弟に語り子は親に知らせたので、この事はあっという間に鎌倉管領足利左馬頭基氏朝臣(足利基氏。足利尊氏の四男)・畠山入道道誓(畠山国清くにきよ)の知るところとなりました。畠山大夫入道(道誓)はこれを聞いて寝食を安くすることなく、在所を尋ね聞いて大勢を差し遣わしましたが、国内に通計([知れ渡ること。広く知られること])して行方は知れませんでした。また五百騎三百騎の勢をもって、道に待ち懸けて夜討ちに寄せて討とうとしましたが、義興(新田義興。新田義貞の次男)はまったく事ともせず、蹴散らしては道を通り打ち破っては囲みを出て、千変万化はとても人のなす態ではないと申したので、今はどうすることもできないと、手を余していました。さても義興をどうすべきと、畠山入道道誓は昼夜策を考えていましたが、ある夜密かに竹沢右京亮を近付けて、「お主は先年武蔵野の合戦の時、義興の手に属して忠があれば、義興もきっと旧好を忘れてはおらぬと思うであろう。なれば義興を謀り討つのに、お主に勝る者はおらぬ。どんな手を使ってもよい、義興を討って左馬頭殿(足利基氏)の見参に入れられよ。恩賞を望むまま取らせよう」と申しました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-31 08:56 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」新田左兵衛佐義興自害...      「太平記」新田左兵衛佐義興自害... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧