Santa Lab's Blog


「太平記」新田左兵衛佐義興自害事(その7)

すけ殿これを見給ひて、執事の弾正を近付けて、「いかがあるべき」と問ひ給へば、井の弾正、「凶を聞きて慎しまずと言ふ事や候ふべき。ただ今夜の御遊ぎよいうをば止められるべきとこそ存じ候へ」とぞ申しける。佐殿げにもと思ひ給ひければ、にはかに風気ふうきの心地ありとて、竹沢をぞ帰されける。竹沢は今夜のくはたて案に相違して、安からず思ひけるが、「そもそも佐殿の少将の御局の文を御覧じて止まり給ひつるは、いかさま我がくはたてを内々すゐして告げ申されたるものなり。この女姓によしやうを生けて置きては叶ふまじ」とて、明けの夜密かに少将の局を門へ呼び出で奉て、差し殺して堀の中にぞしづめける。痛はしいかな、都をば打ち続きたる世の乱れに、荒れのみまさる宮の中に、年経て住みし人々も、秋の木の葉の散々に、をのが様々になりしかば、頼む影なくなり果てて、身を浮草の寄る辺とは、この竹沢をこそ頼み給ひしに、何故なにゆゑと、思ひ分きたる方もなく、見てだに消えぬべき秋の霜の下に伏して、深き淵に沈められ給ひける今際いまはきはの有様を、思ひ遣るだにあはれにて、よその袖さへしほれにけり。




佐殿(新田義興よしおき。新田義貞の次男)はこれを見て、執事井弾正(井伊興種)を近付けて、「いかがするべき」と訊ねると、井弾正は、「凶と聞いて慎しまずということがございましょうか。今夜の御遊は止められるべきでございましょう」と申しました。佐殿はもっともなことと思い、にわかに風気の心地ありと申して、竹沢を帰しました。竹沢は今夜の企てがうまくいかなかったことに、心穏やかではありませんでしたが、「そもそも佐殿の少将の局の文を見られて御遊を止められたのは、きっとこの企てを内々推測して申したのであろう。この女姓を生かしておいては叶うまい」と、明けの夜密かに少将の局を門へ呼び出して、刺し殺して堀の中に沈めました。いたわしいことでした、都では打ち続き世は乱れて、荒れのみまさる宮中に、年経て住んでいた人々も、秋の木の葉のように散々になって、各々様々になりました、頼む影はなくなり果てて、浮草のの身のより所と、この竹沢を頼みにしていましたが、どうしてなのかと、思う隙もなく、見ては消える秋の露の下に臥して、深き淵に沈められる今際の有様を、思い遣るさえ悲しくて、他の袖さえも萎れるのでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-31 09:48 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」新田左兵衛佐義興自害...      「太平記」新田左兵衛佐義興自害... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧