Santa Lab's Blog


「太平記」法皇御葬礼事(その2)

されば遶砌山川も、これを悲しみて雨となり雲となるかと怪しまる。無心草木もこれをいたみて、葉落ち花しぼめるかと疑はる。感恩慕徳旧臣おほしといへども、あらかじめ勅を遺されしに依つて、参り集る人も稀なりしかば、わづかに籠もり僧三四人の勤めにて、御中陰ちゆういんの菩提にぞたすけ奉りける。御国忌みこくきの日毎に、種々の作善積功さぜんしこう累徳るゐとくせらる。殊更に第三くわいに当たりける時は、継体の天子今上皇帝くわうてい御手自おんてづか一字三礼いちじさんらい紺紙金泥こんしこんでい法華経ほけきやうを遊ばされて、五日八講はつかう十種供養あり。伶倫れいりん正始せいしの楽は、大樹緊那たいじゆきんなの琴の音に通じ、導師称揚しようやうの言は、富楼那尊者ふるなそんじやの弁舌をべたり。結願の日に当て、たきぎを採りて雪をになふ夕郎は、千載せんざい給仕きふじの昔の迹を重くし、水を汲みて月を運ぶ雲客は、八相成道の遠き縁を結ぶ。これまた善性・善子の珊提嵐国さんだいらんこくに仕へし孝にも過ぎ、浄蔵じやうざう浄眼じやうげん妙荘厳王めうしやうごんわうせし功にも越えたれば、十方の諸仏も明らかにこの追賁このつゐひ随喜ずゐきし給ひ、六趣の群類も定めてその余薫にこそあづかるらめと、被思知御作善なり。




なればまわりの山川も、光厳院(北朝初代天皇)の崩御を悲しまれて雨となり雲となるかと思えました。心なき草木もこれを悼んで、葉は落ち花は萎ぶようでした。恩を感じ徳を慕う旧臣が多くいましたが、あらかじめ勅を遣わされたので、集まる人は稀でした、わずかに籠もり僧三四人の務めで、中陰([四十九日])の菩提([法要])が営まれました。国忌の日毎には、種々の作善積功累徳がありました。とりわけ第三回忌には、継体の天子今上皇帝(北朝第四代後光厳天皇。光厳天皇の第二皇子)が、自ら一字三礼([写経する時、一字を書くごとに三度礼拝すること])の紺紙金泥の法華経を書かれて、五日八講([『法華経』八巻に『無量義経』『観普賢経』を加えた計十巻を五日十座で講ずる法華十講])十種供養([法華経法師品に説かれる十種=華・香・瓔珞・抹香・塗香・焼香・幡蓋・ 衣服・伎楽・合掌。をもって諸仏に供養する法要])がございました。伶倫([黄帝=中国を統治した五帝の最初の帝。の臣で、音楽をつかさどったという中国古伝説上の人物])の正始の楽は、大樹緊那([緊那羅]=[インド神話に登場する音楽の神々。仏教では護法善神の一尊で、天竜八部衆の一])の琴の音に通じ、導師の称揚([称賛])の言葉は、富楼那尊者([釈迦十大弟子の一人。説法第一。十大弟子中では最古参。大勢いた弟子達の中でも、弁舌にすぐれていたとされる])の弁舌のようでした。結願の日には、薪を採って雪を荷う夕郎([蔵人頭])も、千載給仕の昔を思い出し、水を汲んで月を運ぶ雲客([殿上人])は、八相成道([釈迦八相]=[釈迦がこの世に出現して示した八種の相])に遠く縁を結びました。これまた善性・善子が珊提嵐国にかつて仕えた孝にも過ぎ、浄蔵・浄眼(浄蔵・浄眼は兄弟)が妙荘厳王を教化した功にも越えるものでした、十方の諸仏も明らかにこの追賁([死者の供養をして、その功徳を飾ること])に随喜し、六趣([六道]=[地獄道、餓鬼道、畜生道、阿修羅道、人間道、天道])の群類もきっとその余薫に与ることであろうと、思い知らさせた作善([善根を行うこと。堂塔・仏像の建立・造営,写経・法会・追善供養などを行うこと])でした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-02-05 12:45 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」新将軍京落事(その3)      「太平記」法皇御葬礼事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧