Santa Lab's Blog


「太平記」将軍都落事付薬師丸帰京事(その3)

去るほどに官軍くわんぐん宵より西坂をり下つて、八瀬やせ薮里やぶさと鷺森さぎのもり降松さがりまつに陣を取る。諸大将だいしやうは皆一手ひとてになりて、二十九日の卯の刻に、二条河原にでうがはらへ押し寄せて、在々所々に火を懸け、三所に鬨をぞ上げたりける。京中きやうぢゆうの勢は、大勢なりし時だにも敵はで引きしいくさなり。まして勢をば大略たいりやく方々へ分かち遣られぬ。敵寄すべしとは夢にも知らぬ事なれば、にはかにあわてふためきて、あるひは丹波路たんばぢを指して引くもあり、あるひは山崎を心ざして逃ぐるもあり、心も起こらぬ出家して禅律ぜんりつの僧になるもあり。官軍くわんぐんはさまで遠く追はざりけるを、後に引く御方を追つ懸くる敵ぞと心得て、久我畷こがなはて・桂河辺には、自害をしたる者も数を知らずありけり。いはんや馬・物の具を棄てたる事は、足の踏み所もなかりけり。将軍はその日丹波の篠村しのむらとほり、曽地そちの内藤三郎左衛門入道道勝だうしようたちに着き給へば、四国・西国の勢は、山崎を過ぎて芥河あくたがはにぞ着きにける。親子兄弟骨肉主従こつにくしゆじゆう互ひに行き方を知らず落ち行きければ、討たれてぞ死しつらんと悲しむ。されども、「将軍は正しくべちの事なくて、尾宅をいわけの宿を過ぎさせ給ひ候ふなり」と分明ぶんみやうに言ふ者ありければ、兵庫ひやうご湊河みなとがはに落ち集りたる勢の中より丹波へ飛脚を立て、「急ぎ摂州へ御越し候へ、勢を集めてやがて京都へ攻め上り候はん」とまうしければ、二月二日将軍曽地そちを立ちて、摂津の国へぞ越え給ひける。




去るほどに官軍は宵より西坂(雲母坂きららざか。現京都市左京区修学院の修学院離宮の脇より比叡山の山頂に至る古道)を下って、八瀬(現京都市左京区)・薮里(現京都市左京区にある薮里釈迦堂)・鷺森(現京都市左京区にある鷺森神社)・降松(現京都市左京区にある一乗寺?)に陣を取りました。諸大将は皆一手になって、一月二十九日の卯の刻([午前六時頃])に、二条河原に押し寄せて、在々所々に火を懸け、三所で鬨を上げました。京中の勢は、大勢いた時ではさえ敵わず引き退いた軍でした。まして勢をほとんど方々へ分けていました。敵が寄せるとは夢にも思っていなかったので、にわかにあわてふためいて、ある者は丹波路を指して引く者もあり、ある者は山崎(現大阪府三島郡島本町)を目指して逃げる者もあり、発心もなく出家して禅律の僧になる者もいました。官軍は遠くまで追うことはありませんでしたが、後に付く味方を追いかける敵と思って、久我畷(鳥羽離宮=現京都市南区。と山崎駅を結ぶ古道)・桂川辺には、自害をする者も数知れずいました。言うまでもなく馬・物の具([武具])を捨てて逃げたので、足の踏み場もありませんでした。将軍(足利尊氏)はその日丹波の篠村(現京都府亀岡市にある篠村八幡宮)を通り、曽地(現兵庫県篠山市)の内藤三郎左衛門入道道勝の館に着けば、四国・西国の勢は、山崎を過ぎて芥川(現大阪府高槻市)に着きました。親子兄弟骨肉主従互いに行き方も知らず落ちたので、討たれて死んだのではないかと悲しみました。けれども、「将軍は何事もなく、尾宅宿(?)を過ぎられました」と疑うところなく言う者がいましたので、兵庫湊川(現兵庫県神戸市中央区・兵庫区)に落ち集まった勢の中より丹波へ飛脚を立て、「急ぎ摂州へこ越しくださいませ、勢を集めてたちまち京都に攻め上りましょう」と申したので、二月二日に将軍(足利尊氏)は曽地を立って、摂津国に向かいました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-02-08 19:22 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」将軍都落事付薬師丸帰...      「太平記」将軍都落事付薬師丸帰... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧