Santa Lab's Blog


「太平記」長崎高重最期合戦の事(その1)

さるほどに長崎次郎高重たかしげは、始め武蔵野の合戦より、今日に至るまで、夜昼よるひる八十はちじふ余箇度の戦ひに、毎度先を駆け、囲みを破つてみづから相当たる事、その数を不知しかば、手の者・若党わかたうども次第に討ち亡ぼされて、今はわづかに百五十騎に成りにけり。五月二十二日に、源氏早や谷々やつやつへ乱れ入つて、当家の諸大将、太略皆討たれ給ひぬと聞こへければ、が固めたる陣とも不云、ただ敵の近付くところへ、馳せ合はせ馳せ合はせ、八方の敵を払つて、四隊の固めを破りける間、馬疲れぬれば乗り替へ、太刀打ちれば帯き替へて、自ら敵を斬つて落とす事三十二人さんじふににん、陣を破る事八箇度なり。かくて相摸入道にふだうのおはします葛西谷かさいのやつへ帰りまゐつて、中門に畏まりなみだを流しまうしけるは、「高重数代すだい奉公の義を忝けなうして、朝夕恩顔を拝し奉りつる御名残り、今生こんじやうに於いては今日を限りとこそ思へ候へ。高重一人数箇所の敵を打ち散らして、数度の戦ひに毎度打ち勝ち候ふといへども、方々はうばうの口々皆攻め破られて、敵のつはもの鎌倉ぢゆうに充満してさふらひぬる上は、今は弥猛やたけに思ふとも不可叶候ふ。ただ一筋ひとすぢに敵の手に懸からせ給はぬやうに、思し召し定めさせ給ひ候へ。ただし高重かへり参りて勧め申さんほどは、無左右御自害候ふな。うへの御存命の間に、今一度快く敵の中へ駆け入り、思ふほどの合戦して冥途の御伴申さん時の物語に仕り候はん」とて、また東勝寺を打ち出づ。




さるほどに長崎次郎高重(長崎高重)は、はじめの武蔵野の合戦より、今日に至るまで、夜昼八十余箇度の戦いに、毎度先を駆け、囲みを破って自ら当たること、その数を知れませんでしたので、手の者・若党どもは次第に討ち亡ぼされて、今はわずかに百五十騎になりました。五月二十二日に、源氏はすでに谷々に乱れ入って、当家の諸大将が、ほとんど皆討たれたと聞こえたので、誰が護る陣ともいわず、ただ敵の近付くところへ、馳せ合わせ馳せ合わせ、八方の敵を払って、四隊の固めを破り、馬が疲れば乗り替え、太刀が折れれば佩き替えて、自ら敵を斬って落とすこと三十二人、陣を破ること八箇度でした。こうして相摸入道(北条高時たかとき。鎌倉幕府第十四代執権)のおられる葛西谷(現神奈川県鎌倉市)に帰って、中門に畏まり涙を流して申すには、「この高重数代奉公の恩義に感謝し、朝夕恩顔を拝して参りましたが名残り惜しくも、今生に於いては今日を限りと思っておりまする。高重一人数箇所の敵を打ち散らして、数度の戦いに毎度打ち勝つといえども、方々の口々は皆攻め破られて、敵の兵が鎌倉中に充満しておりますれば、弥猛([盛んに勇み立つ様])に思うとも敵うべくとも思えません。ただ一筋に敵の手に懸からぬ先に、覚悟を決めてくださいませ。ただし高重帰り参って勧め申すまでは、軽率に自害なさいませんように。上がご存命の間に、今一度満足の行くほど敵の中へ駆け入り、思うほどの合戦をして冥途のお伴申す時の物語といたしましょう」と申して、また東勝寺を出て行きました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-02-10 08:02 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」長崎高重最期合戦の事...      「太平記」新田殿湊河合戦事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧