Santa Lab's Blog


「太平記」高時並一門以下於東勝寺自害の事(その1)

さるほどに高重たかしげ走りまはつて、「早や早や御自害候へ。高重先を仕つて、手本に見せまゐらせ候はん」と云ふままに、胴ばかり残つたるよろひ脱いで投げ捨てて、御前おんまへにありけるさかづきを以つて、舎弟の新右衛門に酌を取らせ、三度傾けて、摂津刑部ぎやうぶの太夫入道道準だうじゆんが前に置き、「思ひざしまうすぞ。これを肴にし給へ」とて左の小脇に刀を突き立てて、右の傍腹そばはらまで切目きりめ長く掻きつて、中なるはらわた手繰り出だして道準が前にぞ伏したりける。道準盃を取つて、「あはれ肴や、いかなる下戸なりともこれを呑まぬ者あらじ」とたはむれて、その盃を半分ばかり呑み残して、諏訪すは入道が前に差し置き、同じく腹切つて死にけり。諏訪入道直性ぢきしやう、その盃を以つて心しづかに三度傾けて、相摸入道にふだう殿の前に差し置いて、「若者ども随分芸を尽くして被振舞候に年寄りなればとていかでか候ふべき、今より後は皆これを送肴おくりざかなに仕るべし」とて、腹十文字じふもんじに掻き切つて、その刀を抜いて入道殿の前に差し置いたり。




そうこうするほどに高重(長崎高重)は走り来て、「早や早や自害なされませ。この高重が先に、手本を見せましょう」と言うままに、胴ばかり残った鎧を脱いで投げ捨てて、御前にあった盃を取り、弟の新右衛門に酌を取らせ、三度飲み干して、摂津刑部大夫入道道準の前に置き、「心ざしに感謝申す。これを肴になされよ」と言って左の小脇に刀を突き立てて、右の脇腹まで切目長く切り、腹中の腸を手繰り出して道準の前に臥しました。道準も盃を取って、「みごとな肴よ、どんな下戸であろうと呑まないわけには行かぬは」と冗談を申して、その盃を半分ばかり呑み残して、諏訪入道(諏訪直性ぢきしやう)の前に差し置き、同じく腹を切って死にました。諏訪入道直性は、その盃を取って心閑かに三度傾けて、相摸入道殿(北条高時たかとき。鎌倉幕府第十四代執権)の前に差し置いて、「若者どもが随分と芸を尽くして振る舞ったものを年寄りだからと申して何もせぬ訳には行かぬ、今より後は皆これを葬送の肴にせよ」と申して、腹を十文字に切って、その刀を抜いて入道殿(北条高時)の前に差し置きました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-02-16 06:44 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」新田義貞賜綸旨事(その1)      「太平記」長崎高重最期合戦の事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧