Santa Lab's Blog


「太平記」長崎新左衛門尉意見の事付阿新殿の事(その2)

しかれどもあるひは他にゆづりて口を閉ぢ、あるひは己をかへりみことばを出ださざるところに、執事長崎入道が子息新左衛門しんざゑもんじよう高資たかすけ進み出でてまうしけるは、「先年土岐十郎が討たれし時、当今たうぎんの御くらゐを改め申さるべかりしを、朝憲てうけんに憚つて御沙汰ゆるかりしに依つてこの事なほ未だまず。乱をはらうてを致すは武の一徳なり。すみやかに当今を遠国をんごくに遷しまゐらせ、大塔宮おほたふのみや不返ふへん遠流をんるに処し奉り、俊基としもと資朝すけとも以下いげの乱臣を、一々に誅せらるるより外は、別儀べちぎあるべしとも存じ候はず」と、憚る処なく申しけるを、二階堂にかいだう出羽ではの入道道蘊だううん暫く思案して申しけるは、「この儀もつとも然るべく聞こへ候へども、退いて愚案を廻らすに、武家権を執つてすでに百六十余年、威四海しかいに及び、運累葉るゐえふ耀かかやかすこと更に他事なし。ただかみ一人いちじんあふぎ奉つて、忠貞ちゆうていわたくしなく、しも百姓はくせいを撫でて仁政じんせいに施しあるゆゑなり。然るに今君の寵臣一両人召し置かれ、御帰衣の高僧両三人流罪に処せらるる事も、武臣悪行あくぎやうの専一と云ひつべし。このうへにまた主上を遠所ゑんしよへ遷し進らせ、天台の座主を流罪に行はれん事、天道奢りをにくむのみならず、山門いかでいきどほりを含まざるべき。神怒り人背かば、武運のあやふきに近かるべし。『君雖不君、不可臣以不臣』と云へり。御謀反の事君たとひ思し召し立つとも、武威盛んならんほどはくみまうす者あるべからず。これに付けても武家いよいよ慎んで勅命に応ぜば、君もなどか思し召しなほす事なからん。かくてぞ国家の泰平、武運の長久にて候はんと存ずるは、面々いかん思し召し候ふ」と申しけるを、




けれどもある者は他に譲って口を閉じ、ある者は己の立場を顧みて意見を述べようとはしませんでしたが、執事長崎入道(長崎円喜ゑんき)の子息新左衛門尉高資(長崎高資)が進み出て申すには、「先年土岐十郎(土岐頼貞よりさだ子、土岐頼兼よりかね?)が討たれた時に(頼兼は自刃したらしい)、当今(第九十六代後醍醐天皇)の位を改めるべきでございましたが、朝憲に憚って寛大な沙汰をされて未だ位に即いております。乱を未然に防ぎ治を致すは武の一徳でございます。すみやかに当今を遠国に遷されて、大塔宮(護良もりよし親王)を不返の遠流に処し、俊基(日野俊基)・資朝(日野資朝)以下の乱臣を、一々に誅せらるよりほかは、別儀あるべしとも思われません」と、憚るところなく申しました、二階堂出羽入道道蘊(二階堂貞藤さだふぢ)はしばらく思案して申すには、「もっともな意見に思われるが、一つ引いて愚案を廻せば、武家が権を執ってすでに百六十余年、威は四海([国内])に及び、運が累葉を輝かすことはかつてなかったこと。これはただ上一人(天皇)を仰ぎ、忠貞に私心なく、下は百姓を慈しみ仁政を施したためです。しかるに今君(第九十六代後醍醐天皇)の寵臣を一両人召し置かれ、帰衣の高僧両三人に流罪に処せらること、武臣の悪行の専一([第一])と言えるものです。この上にまた主上を遠所に遷し、天台座主を流罪に行えば、天道が奢りを悪むばかりでなく、山門(延暦寺)がどうして憤りを含まないことがありましょう。神怒り人が背せば、武運は危機を迎えましょう。『君が君に相応しくないといえども、臣下は忠実であるべきである』と申します。ご謀反を君がたとえ思い立たれたとしても、武威が盛りであるほどは与する者があるとも思えません。これに付けても武家はますます慎んで勅命に応じれば、君もきっと思い直されることでございましょう。これこそ国家の泰平、武運の長久であると思いますが、面々いかが思われますや」と申しました、


続く


[PR]
by santalab | 2016-02-24 07:46 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」五大院右衛門宗繁賺相...      「太平記」五大院右衛門宗繁賺相... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧