Santa Lab's Blog


「太平記」筑紫合戦の事(その2)

そのくはだて彼ら三人が心中に秘して、 未だ色に雖不出、さすがに隠れなかりければ、この事やがて探題英時ひでときが方へ聞こへければ、英時ひでとき、彼らが野心の実否をよくよく伺ひ見ん為に、先づ菊池入道にふだう寂阿じやくあを博多へぞ呼びける。菊池この使ひに肝付いて、これは如何様かの隠謀露顕して、我らを討たん為にぞ呼び給ふらん。さらんに於いては、人に先をせられては叶ふまじ、こなたよりさへぎつて博多へ寄せて、覿面てきめんに勝負を決せんと思ひければ、予ての約諾に任せて、小弐せうに大伴おほどもが方へ触れ遺はしける処に、大伴、天下の落居未だ如何なるべしとも見定めざりければ、分明ぶんみやうの返事に不及。小弐はまたその頃京都の合戦に、六波羅毎度勝つに乗る由聞こへければ、己が咎をおぎなはんとや思ひけん、日来の約を変じて、菊池が使ひ八幡弥四郎宗安やはたやしらうむねやすを討つて、その首を探題の方へぞ出だしたりける。




その企ては彼ら三人の心中にあって、表に現れることはありませんでしたが、さずがに隠すことは叶わず、この事がやがて探題英時(北条英時)の知るところとなりました、英時は、彼らの野心の真偽のほどを窺うために、まず菊池入道寂阿(菊池武時たけとき)を博多に呼び出しました。菊池は使いに心付いて、これはきっと隠謀が露顕して、我らを討つために呼ぶのであろう。そういうことならば、人に先を越されては叶うまい、反対にこちらから博多へ寄せて、覿面([効果・結果・報い などが即座に現れること])に勝負を決めようと思い、かねての約諾通り、少弐(少弐貞経さだつね=妙慧)・大友(大友貞宗さだむね=具簡)の方に触れ遺わしましたが、天下の落居いまだどうなるとも定まっていませんでしたので、はっきりとは返事しませんでした。小弐もまたその頃京都の合戦で、六波羅が毎度勝つに乗ると聞いていたので、己の罪を償おうと思ったか、日頃の約束に反して、菊池(武時)の使い八幡弥四郎宗安を討って、その首を探題(北条英時)に差し出しました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-03-03 07:26 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」筑紫合戦の事(その3)      「太平記」筑紫合戦の事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧