Santa Lab's Blog


「太平記」金剛山寄手ら被誅事付佐介貞俊事(その1)

京洛きやうらくすでに静まりぬといへども、金剛山こんがうせんより引つかへしたる平氏ども、なほ南都に留まつて、帝都を攻めんとする由聞こへありければ、中院なかのゐん中将ちゆうじやう定平さだひらを大将として、 五万余騎、大和路やまとぢへ被差向。楠木兵衛正成まさしげに畿内の勢二万余騎を副へて、河内かはちの国くにより搦め手にぞ被向ける。南都に引き籠もる平氏の軍兵ぐんぴやうすでに十方に雖退散、残り留まる兵なほ五万騎ごまんぎに余りたれば、今一度手痛き合戦あらんと思ゆるに、日来の儀勢尽き果てて、いつしか小水の魚のあわいきづていに成つて、いたづらに日を送りける間、先づ一番に南都の一の木戸口般若寺はんにやじを固めて居たりける宇都宮・紀清きせい両党りやうたう七百余騎、綸旨りんしを賜はつて上洛しやうらくす。これを始めとして、百騎二百騎、五騎十騎、我先にと降参しける間、今平氏の一族のともがら、譜代重恩のやからの外は、一人も残り留まる者もなかりけり。




京洛([京都])はすでに静まりましたが、金剛山(現奈良県・大阪府との境目にある山)より引き返した平氏どもは、なおも南都([奈良])に留まって、帝都を攻めようとしていると聞こえたので、中院中将定平(中院定平)を大将として、五万余騎を、大和路へ差し向けました。楠木兵衛正成(楠木正成)に畿内の勢二万余騎を添えて、河内国より搦め手に向かいました。南都に引き籠もる平氏の軍兵はすでに十方に退散していましたが、残り留まる兵はなお五万騎に余っていましたので、今一度激しい合戦があろうと思いましたが、日来の勢いは尽き果てて、いつしか小水に魚が沫に口をパクパクさせて、徒らに日を送るようになって、まず一番に南都の一の木戸口般若寺(現奈良市北部奈良坂に位置する寺院)を固めていた宇都宮(宇都宮公綱きんつな)・紀清両党りやうたう七百余騎、(後醍醐天皇の)綸旨を賜わって上洛しました。これをはじめとして、百騎二百騎、五騎十騎が、我先にと降参したので、今は平氏の一族の輩、譜代重恩の一族のほかは、一人も残り留まる者はいませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-03-14 07:29 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」吉野城軍事(その1)      「太平記」三人の僧徒関東下向の... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧