Santa Lab's Blog


「太平記」三人の僧徒関東下向の事(その5)

その夜相摸入道さがみにふだうの夢に、比叡山の東坂本より、猿ども二三千群がり来たつて、この上人を守護し奉るていにて、並居なみゐたりと見給ふ。夢の告げ只事ならずと思はれければ、未明びめい預人あづかりうどの許へ使者を遣はし、「上人嗷問がうもんの事暫くさしおくべし」と被下知処に、預人さへぎつて相摸入道の方に来たつてまうしけるは、「上人嗷問の事、この暁既にその沙汰を致し候はん為に、上人の御方へまゐつて候へば、ともしびを挑げて観法定坐くわんぽふぢやうざせられて候ふ。その御影おんかげ後ろの障子しやうじに移つて、不動明王ふどうみやうわうかたちに見えさせ給ひ候ひつるあひだ、驚き存じて、先づ事の子細をまうし入れん為に、参つて候ふなり」とぞ申しける。夢想むさうと云ひ、示現と云ひ、只人にあらずとて、嗷問の沙汰を止められけり。




その夜相摸入道(鎌倉幕府第十四代執権、北条高時たかとき)の夢に、比叡山の東坂本(現滋賀県大津市)より、猿どもが二三千群がり下りて来て、円観上人を守護するように、回りを囲みました。夢の告げ只事ではないと思い、未明に預人の許へ使者を遣わし、「円観上人の嗷問([自白を強要するため,肉体的苦痛を与えること])をしばらく差し止めよ」と命じようとするところに、預人が言葉を遮って申すには、「上人嗷問のことですが、この暁に命に従おうと、上人の方へ参りますと、燭を挑げて観法([真理と現象を心のなかで観察し念じる瞑想の実践修行法])定座しておりました。その影が後ろの障子に映っておりましたが、なんと不動明王の姿に見えたのでございます、驚いて、まずはこれを詳しく申し上げようと、参ったのでございます」と申しました。夢想といい、示現([仏・菩薩が衆生を救うために種々の姿に身を変えてこの世に出現すること])といい、只人にあらずと、嗷問の沙汰を中止しました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-03-19 19:32 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」金剛山寄手ら被誅事付...      「太平記」三人の僧徒関東下向の... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧