Santa Lab's Blog


「太平記」金剛山寄手ら被誅事付佐介貞俊事(その10)

愚かなるかな関東くわんとうの勇士、久しく天下を保ち、威をあまね海内かいだいおほひしかども、国ををさむる心なかりしかば、堅甲利兵けんかふりへいいたづらに梃楚ていその為に被摧て、滅亡めつばう瞬目しゆんぼくうちに得たる事、驕れる者はしつけんなる者はそんす。いにしへより今に至るまでこれあり。このこのうちに向かつてかうべを廻らす人、天道てんだうてるを欠く事を不知して、なほ人の欲心のいとふことなきに溺る。あに不迷や。




愚かなる関東の勇士が、久しく天下を保ち、威は余す所なく海内([国内])を覆いましたが、国を治める心なくして、堅甲利兵([非常に強い兵力])は、梃楚([梃]=[梃子。棒の途中に置いた支点を中心に棒が自由 に回転して、小さい力を大きな力に、小さい動きを大きな動きに変える仕組み])に討たれて、瞬目([まばたきをする少しの間])に滅亡しました。驕れる者は世から去り倹([むだやぜいたくをしないこと])なる者が残る。古より今に至るまで変わることがありません。これに逆らってかつて亡んだ者と同じように栄華を求める人は、天道が満ちては欠けることを知らずして、なおも欲心に溺れるのです。どうしてこの世に迷わぬことがありましょう。


続く


[PR]
by santalab | 2016-03-23 07:32 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」公家一統政道の事(その1)      「太平記」金剛山寄手ら被誅事付... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧