Santa Lab's Blog


「太平記」義貞北国落事(その2)

行啓の御供にて、北国へ落ちける人々には、一の宮中務なかつかさきやう親王しんわう洞院とうゐん左衛門さゑもんかみ実世さねよ・同じき少将定世さだよ三条さんでうの侍従泰季やすすゑ御子みこ左の少将せうしやう為次ためつぐ・頭の大夫だいぶ行房ゆきふさ・子息少将行尹ゆきたか、武士には新田左中将さちゆうじやう義貞・子息越後ゑちごかみ義顕よしあき・脇屋右衛門うゑもんすけ義助よしすけ・子息式部の大夫義治よしはる・堀口美濃の守貞満さだみつ一井いちのゐ兵部大輔義時よしとき・額田左馬の助為縄ためつな・里見大膳のすけ義益よします大江田おいだ式部の大夫義政よしまさ・鳥山修理しゆりの亮義俊よしとし桃井もものゐ駿河の守義繁よししげ・山名兵庫ひやうごの助忠家ただいへ・千葉の介貞胤さだたね・宇都宮信濃の将監泰藤やすふぢ・同じき狩野かのの将監泰氏やすうぢ河野かうの備後の守通治みちはる・同じき備中の守通縄みちつな・土岐出羽ではの守頼直よりなほ一条いちでうの駿河の守為治ためはる、その外山徒少々せうせう相雑あひまじはつて、都合その勢七千余騎、案内者を前に打たせて、竜駕りようがの前後に打ち囲む。




行啓の供に付いて、北国へ落ちる人々は、一宮中務卿親王(尊良たかよし親王)・洞院左衛門督実世(洞院実世)・同じく少将定世(洞院実世の弟)・三条の侍従泰季(三条泰季)・御子左の少将為次(二条為次)・頭大夫行房(世尊寺行房=一条行房)・子息少将行尹(世尊寺行尹。ただし行房の弟)、武士には新田左中将義貞(新田義貞)・子息越後守義顕(新田義顕。新田義貞の長男)・脇屋右衛門佐義助(脇屋義助。新田義貞の弟)・子息式部大夫義治(脇屋義治)・堀口美濃守貞満(堀口貞満)・一井兵部大輔義時(一井義時)・額田左馬助為縄(額田為縄?)・里見大膳亮義益(里見義益)・大江田式部大夫義政(大江田義政?)・鳥山修理亮義俊(鳥山義俊)・桃井駿河守義繁(桃井義繁)・山名兵庫助忠家(山名忠家)・千葉介貞胤(千葉貞胤)・宇都宮信濃将監泰藤(宇都宮泰藤)・同じく狩野将監泰氏(狩野泰氏?)・河野備後守通治(河野通治)・同じく備中守通縄(得能通綱?ただし備後守)・土岐出羽守頼直(土岐頼直)・一条駿河守為治(一条為治)、そのほか山徒を少々交えて、都合その勢七千余騎、案内者を前に打たせて、竜駕([天子の乗用する車])の前後を打ち囲みました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-03 08:47 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」中前代蜂起の事(その1)      「太平記」吉野城軍事(その6) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧