Santa Lab's Blog


「太平記」三月十二日合戦の事(その6)

去るほどに西七条の手、高倉少将の子息左衛門さゑもんすけ、小寺・衣笠のつはものども、早や京中へ責め入つたりと見へて、大宮おほみや猪熊ゐのくま・堀川・油小路あぶらのこうぢの辺、五十ごじふ余箇所に火を懸けたり。また八条、九条のあひだにも、戦ひありと思へて、汗馬かんば東西に馳せ違ひ、鬨の声天地を響かせり。ただ大三災だいさんさい一時に起こつて、世界悉く却火ごふくわの為に焼け失せるかと疑はる。京中の合戦は、夜半許りの事なれば、目指すとも知らぬ暗き夜に、鬨の声ここかしこに聞こへて、勢の多少も軍立ちのやうも見分かざれば、いづくへ何と向かうて軍を可為とも不覚。京中の勢は、先づただ六条川原ろくでうかはらに馳せ集まつて、あきれたるていにて控へたり。




やがて西七条の手の、高倉少将の子息左衛門佐、小寺・衣笠の兵どもが、すでに京中に攻め入ったと見えて、大宮・猪熊・堀川・油小路の辺、五十余箇所に火を懸けました。また八条、九条の間にも、戦いが起こったと思えて、汗馬が東西に馳せ違い、鬨の声が天地に轟きました。ただ大三災([火災・水災・風災])が一時に起こって、世界は残らず却火([世界が破滅する壊劫えこふの終末に起こり、世界を焼き尽くしてしまう大火])によって焼け失せるかと思われました。京中の合戦は、夜半ばかりのことでしたので、目指す先も知らぬ暗い夜に、鬨の声がここかしこに聞こえて、勢の多少も軍立ちの様子も分かりませんでしたので、軍がどこへ向かっているのかも知れませんでした。京中の勢は、ともかく六条川原に馳せ集まって、唖然として控えるばかりでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-05-02 07:20 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」新待賢門院並梶井宮御隠事      明日に向かって走れ(エロ談義) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧