Santa Lab's Blog


「太平記」持明院殿行幸六波羅事(その3)

やがて両六波羅りやうろくはら七条河原しちでうがはらに打ち立つて、近付く敵を相待つ。この大勢このおほぜいを見て敵もさすがにあぐんでや思ひけん、ただここかしこに走り散つて、火を懸け鬨の声を作る計りにて、同じ陣に控へたり。両六波羅これを見て、「如何様敵は小勢なりと思ゆるぞ、向かつて追つ散らせ」とて、隅田すだ・高橋に三千余騎を相副あひそへて八条口へ被差向。河野かうの九郎左衛門くらうざゑもんじよう陶山すやま次郎に二千余騎を差しへて、蓮華王院れんげわうゐんへ被向けり。陶山河野に向かつて云ひけるは、「何ともなき取り集め勢に交はつて軍をせば、なまじひに足纏あしまとひに成つて懸け引きも自在なるまじ。いざや六波羅殿より被差副たる勢をば、八条河原はつでうがはらに控へさせて鬨の声を挙げさせ、我らは手勢てせいを引き選つて、蓮華王院れんげわうゐんの東より敵の中へ駆け入り、蜘手十文字じふもんじに懸け破り、弓手馬手ゆんでめてにて相付あひつけて、追物おふもの射に射てくれ候はん」と云ひければ、河野、「もつとも可然」と同じて、外様の勢二千余騎をば、塩小路しほのこうぢ道場だうぢやうの前へ差し遣はし、河野が勢三百余騎、陶山すやまが勢百五十ひやくごじふ余騎は引き分けて、蓮華王院の東へぞまはりける。




やがて両六波羅(北方、北条仲時なかとき。南方、北条時益ときます)は七条河原に打ち立って、近付く敵を待ち構えました。この大勢を見て敵もさすがに攻めあぐんだのか、ただここかしこに走り散って、火を懸け鬨の声を作るばかりで、同じ陣に控えたままでした。両六波羅はこれを見て、「間違いなく敵は小勢であろう、向かって追い散らせ」と申して、隅田・高橋に三千余騎を添えて八条口へ差し向かわせました。河野九郎左衛門尉(河野通盛みちもり)・陶山次郎(陶山清直?)には二千余騎を差し添えて、蓮華王院(現京都市東山区にある寺院。三十三間堂は本堂)へ向けました。陶山が河野(通盛)に向かって申すには、「対して役にも立たない取り集め勢に交わって軍をすれば、かえって足手まといになって駆け引きも思うままにはいくまい。どうだ六波羅殿より差し向けられた勢は、八条河原に控へさせて鬨の声を上げさせ、我らは手勢を引き選って、蓮華王院の東より敵の中へ駆け入り、蜘手十文字に駆け破り、弓手馬手([左右])から攻めて、追物射([騎馬で獲物を追って馬上から矢を射ること])に射ようではないか」と申せば、河野(通盛)は、「よい考えよ」と同じて、外様の勢二千余騎を、塩小路道場(現京都市山科区にある白蓮びやくれん寺)の前へ差し遣わし、河野の勢三百余騎、陶山の勢百五十余騎を引き分けて、蓮華王院の東に廻りました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-05-05 07:36 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」宰相中将殿賜将軍宣旨...      「太平記」崇徳院御事(その2) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧