Santa Lab's Blog


「太平記」持明院殿行幸六波羅事(その4)

合図あひづの程にも成りければ、八条川原はつでうがはらの勢、鬨の声を揚げたるに、敵これに立て合はせんと馬を西頭にしがしらに立てて相待あひまつ処に、陶山すやま河野かうの四百余騎、思ひも寄らぬ後ろより、鬨をどつと作つて、大勢の中へ懸け入り、東西南北に懸け破つて、敵を一所に不打寄、追つ立て追つ立て責め戦ふ。河野かうのと陶山と、一所に合うては両所に分かれ、両所に分かれてはまた一所に合ひ、七八度が程ぞ揉うだりける。長途ちやうどに疲れたる歩立かちたちの武者、駿馬の兵に被懸悩て、討たるる者その数を不知。手負ひを捨てて道をよこぎつて、散り散りに成つて引きかへす。




合図のほどになって、八条河原の勢が、鬨の声を上げると、敵はこれに駆け合わせようと馬を西頭に立てて待つところに、陶山(陶山清直?)・河野(河野通盛みちもり)四百余騎が、思いも寄らぬ後ろより、鬨をどっと作つて、大勢の中へ駆け入ると、東西南北に駆け破って、敵を一所に打ち寄せ、追っ立て追っ立て攻め戦いました。河野と陶山は、一所に集まっては両所に分かれ、両所に分かれてはまた一所に合い、七八度攻めました。長途に疲れた歩立ちの武者は、駿馬の兵に悩まされて、討たれる者は数知れませんでした。手負いを捨てて道を横切って、散り散りになって引き返しました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-05-06 07:42 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」天下時勢粧の事(その1)      「太平記」宰相中将殿賜将軍宣旨... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧