Santa Lab's Blog


「太平記」作々木信胤成宮方事(その1)

懸かるところに伊予の国より専使馳せ来たつて、急ぎ可然大将を一人選びて被下、御方に対して忠戦を可致の由を奏聞したりしかば、脇屋刑部卿義助よしすけ朝臣を可被下公議定まりけり。されども下向げかうの道、海上も陸地くがぢも皆敵陣なり。如何して可下、僉議不一けるところに、備前の国の住人ぢゆうにん、佐々木の飽浦あくら三郎左衛門さぶらうざゑもんじよう信胤のぶたね早馬はやむまを打つて、「去月二十三日にじふさんにち小豆島せうどしまに押し渡り、義兵を挙ぐるところに、国中こくぢゆうの忠あるともがら馳せくははつて、逆徒少々打ちしたがへ、京都運送の舟路ふなぢを差し塞いで候ふなり。急ぎ近日大将御下向あるべし」とぞ告げたりける。諸卿これを聞きて、大将進発の道開けて、天運機を得たる時至りぬと、悦び給ふ事限りなし。




そうこうするところに伊予国より専使([ある事のために特別に派遣する使者])が急ぎ来て、すぐにしかるべき大将を一人選び下されますよう、味方に付いて忠戦をいたすとの由を奏聞したので、脇屋刑部卿義助朝臣(脇屋義助。新田義貞の弟)を下すと公議が定まりました。けれども下向の道には、海上も陸地も皆敵ばかりでした。いかにして下るべきと、僉議がまとまらぬところに、備前国の住人、佐々木飽浦三郎左衛門尉信胤(飽浦信胤)が早馬を打って、「去月二十三日に小豆島に渡り、義兵を上げましたが、国中の忠ある輩が馳せ加わって、逆徒を少々打ち従え、京都運送の舟路を差し塞いでおります。急ぎ近日の内に大将を下されますよう」と告げました。諸卿はこれを聞いて、大将進発の道が開けて、天運機を得たる時は至りぬと、よろこぶこと限りありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-05-07 08:36 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」持明院殿行幸六波羅事...      「太平記」天下時勢粧の事(その2) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
文中の両探題職は六波蘿探..
by aegean at 20:56
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧