Santa Lab's Blog


「太平記」菊池合戦事(その4)

宮方には、先帝第六の皇子わうじ征西せいせい将軍しやうぐんの宮、洞院とうゐん権大納言ごんだいなごん・竹林院三位さんみ中将ちゆうじやう・春日の中納言・花山くわざんゐん四位しゐ少将せうしやう・土御門少将・坊城ばうじやうの三位・葉室はむろ左衛門さゑもんかみ・日野の左少弁させうべん高辻たかつじの三位・九条くでうの大外記だいげき・子息主水もんどかみ、新田の一族には、岩松いはまつ相摸のかみ瀬良田せらだ大膳だいぜんの大夫・田中弾正だんじやう大弼だいひつ桃井もものゐ左京さきやうすけ・江田丹後の守・山名因幡の守・堀口三郎・里見十郎、侍大将には、菊池肥後の守武光たけみつ・子息肥後の次郎・をひの肥前の二郎武信たけのぶ・同じく孫三郎まごさぶらう武明たけあきら・赤星掃部かもんの助武貫たけつらじやう越前ゑちぜんの守・賀屋かや兵部ひやうぶ太輔たいふ見参岡みさをか三河みかはの守・しやう美作みまさかの守・国分こくぶんの二郎・故伯耆はうきの守長年ながとしが次男名和なわ伯耆のごんの守長秋ながあき・三男修理しゆりすけ・宇都宮刑部ぎやうぶの丞・千葉刑部の太輔・白石三河みかは入道にふだう・鹿島刑部の太輔・大村弾正少弼だんじやうせうひつ・太宰の権の少弐せうに・宇都宮壱岐の守・大野式部の太輔・水俣讃岐の守・溝口丹後の守・牛糞うしくそ越前ゑちぜんの権の守・波多野はだの三郎・河野辺かはのべ次郎・稲佐いなさ治部ぢぶの太輔・谷山右馬の助・渋谷三河みかは・同じく修理しゆりすけ・島津上総四郎・斉所さいしよ兵庫ひやうごの助・高山民部の太輔・伊藤摂津の守・絹脇きぬわき播磨の守・土持つちもち十郎・合田あふた筑前の守、これらを宗との兵として、その勢都合八千余騎、高良山かうらさん柳坂やなぎさか水縄山みなふやま三箇所に陣をぞ取つたりける。




宮方には、先帝(第九十六代後醍醐天皇)の第六皇子征西将軍の宮(懐良かねよし親王)、洞院権大納言(洞院親弘ちかひろ)・竹林院三位中将・春日中納言・花山院四位少将・土御門少将・坊城三位・葉室左衛門督・日野左少弁・高辻三位・九条大外記・子息主水頭、新田の一族には、岩松相摸守・瀬良田大膳大夫・田中弾正大弼・桃井左京亮・江田丹後守・山名因幡守・堀口三郎・里見十郎、侍大将には、菊池肥後守武光(菊池武光)・子息肥後次郎(菊池武政たけまさ)・甥の肥前二郎武信・同じく孫三郎武明・赤星掃部助武貫(赤星武貫)・城越前守・賀屋兵部大輔・見参岡三河守・庄美作守・国分二郎・故伯耆守長年(名和長年)の次男名和伯耆権守長秋・三男修理亮・宇都宮刑部丞(宇都宮貞邦さだくに。刑部少輔)・千葉刑部大輔(千葉胤泰たねやす?)・白石三河入道・鹿島刑部大輔・大村弾正少弼・太宰権少弐(少弐直資ただすけ?)・宇都宮壱岐守(宇都宮貞久さだひさ)・大野式部大輔・水俣讃岐守・溝口丹後守・牛糞越前権守・波多野三郎・河野辺次郎・稲佐治部大輔・谷山右馬助・渋谷三河・同じく修理亮・島津上総四郎(島津氏久うぢひさ)・斉所兵庫助・高山民部大輔・伊藤摂津守・絹脇播磨守・土持十郎・合田筑前守、これらを主な兵として、その勢都合八千余騎が、高良山(現福岡県久留米市)・柳坂(現福岡県久留米市)・水縄山(耳納山。現福岡県久留米市)三箇所に陣を取りました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-05-11 08:53 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」菊池合戦事(その5)      「太平記」菊池合戦事(その3) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧