Santa Lab's Blog


「太平記」禁裡仙洞御修法の事付山崎合戦の事(その2)

去る三月十二日の合戦に赤松打ち負けて、山崎を指して落ち行きしを、やがて追つ懸けて討つ手をだに下したらば、敵足を溜むまじかりしを、今は何事か可有とて被油断しに依つて、敗軍のつはものここかしこより馳せ集まつて、無程大勢に成りければ、赤松、中院なかのゐん中将ちゆうじやう貞能さだよしを取り立てて聖護院しやうごゐんの宮と号し、山崎・八幡やはたに陣を取り、河尻かはじりを差し塞ぎ西国往反わうへんの道を打ち止む。これによつて洛中の商買しやうばい止まつて士卒皆転漕てんさうの助けに苦しめり。両六波羅りやうろくはら聞之、「赤松一人に洛中を被悩て、今士卒を苦しむる事こそ安からね。去る十二日の合戦のていを見るに、敵さまで大勢にてもなかりけるものを、無云甲斐聞きぢして敵を辺境へんきやうの間にさしおくこそ、武家後代の恥辱なれ、所詮於今度は官軍くわんぐんさへぎつて敵陣に押し寄せ、八幡やはた・山崎の両陣を責め落とし、賊徒を河に追つはめ、その首を取つて六条河原ろくでうかはらに可曝」と被下知ければ、四十八箇所しじふはちかしよかがり、並びに在京人、その勢五千余騎、五条河原かはらに勢揃へして、三月十五日の卯の刻に、山崎へとぞ向かひける。




去る三月十二日の合戦に赤松(赤松則村のりむら)が打ち負けて、山崎(現大阪府三島郡島本町)を指して落ちて行った時、たちまち追いかけて討っ手を下しておれば、敵は留まることができなかったでしょうが、今は何事もあるまいと油断したので、敗軍の兵がここかしこより馳せ集まって、ほどなく大勢になりました、赤松(則村)は、中院中将貞能を取り立てて聖護院宮と号し、山崎・八幡(現京都府八幡市)に陣を取り、河尻(平安時代に栄えた大阪湾沿岸の港。現兵庫県東部)を塞ぎ西国往反の道を断ちました。これによって洛中の商買は止まって士卒は皆転漕([陸路と水路とで兵糧など を運ぶこと])の助けに苦しみました。両六波羅(北方、北条仲時なかとき。南方、北条時益ときます)はこれを聞いて、「赤松(則村)一人に洛中を悩まされた、その上今に士卒をまで苦しめたとあっては放ってはおけぬ。去る十二日の合戦の体を見ると、敵はさほど大勢でもないが、情けないことに聞き怖じして敵を辺境に留まらせるとは、武家後代の恥辱となるであろう、今度は官軍を打ち破って敵陣に押し寄せ、八幡(現京都府八幡市)・山崎(現大阪府三島郡島本町)の両陣を攻め落とし、賊徒を川に追いはめ、その首を捕って六条河原に晒せ」と下知したので、四十八箇所の篝火、並びに在京人、その勢五千余騎は、五条河原に勢揃いして、三月十五日の卯の刻([午前六時頃])に、山崎へと向かいました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-05-15 09:00 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」禁裡仙洞御修法の事付...      「太平記」禁裡仙洞御修法の事付... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧