Santa Lab's Blog


「太平記」京軍事(その4)

二月十五日の朝は、東山の勢ども上京かみきやうへ打ち入つて、兵粮ひやうらうを取る由聞こへければ、蹴散らかさんとて、苦桃にがもも兵部ひやうぶの太輔・尾張をはり左衛門さゑもんすけ、五百余騎にて東寺を打ち出で、一条・二条にでうの間を二手に成つて打ちまはる。これを見て細川相摸のかみ清氏きようぢ・佐々木の黒田判官、七百余騎にて東山よりり下る。尾張の左衛門の佐が後陣ごぢんに朝倉下野しもつけの守が五十騎許りにてとほりけるを、追ひ切つて討たんと、六条河原ろくでうかはらより京中きやうぢゆうへ懸け入る。朝倉少しも不騒、馬を東頭ひがしがしらに立てなほして、しづかに敵を待ち懸けたり。細川・黒田が大勢これを見て、あなづりにくしとや思ひけん。あはひ半町計りに成つて、馬を一足にさつと懸け据ゑて、同音に鬨をどつと作る。朝倉少しも不擬議大勢の中へ懸け入つて、馬けぶりを立てて切り合ふ。左衛門の佐これを見て、「朝倉討たすな、続け」とて、三百余騎にて取つて返し、六条東洞院ひがしのとうゐんを東へ烏丸からすまるを西へ、追いつ返しつ七八度までぞ揉み合ひたる。細河度毎に被追立ていに見へけるに、南部六郎ろくらうとて世に勝れたる兵ありけるが、ただ一騎踏み止まつて戦ひ、返し合はせては切つて落とし、八方はつぱうをまくりて戦ひけるに、左衛門の佐のつはものども、箆白のじろに成つてぞ見へたりける。




二月十五日の朝、東山の勢どもが上京に打ち入り、兵粮を奪っていると聞こえたので、蹴散らそうと、苦桃兵部太輔・尾張左衛門佐は、五百余騎で東寺(現京都市南区にある教王護国寺)を打ち出て、一条・二条の間を二手になって打ち廻りました。これを見て細川相摸守清氏(細川清氏)・佐々木黒田判官(佐々木宗清むねきよ)は、七百余騎で東山より降り下りました。尾張左衛門佐の後陣には朝倉下野守(朝倉高景たかかげ)が五十騎ばかりで通るのを、追い切って討とうと、六条河原より京中に駆け入りました。朝倉は少しもあわてず、馬を東頭に立て直して、静かに敵を待ちました。細川(清氏)・黒田(佐々木宗清)の大勢はこれを見て、見くびることは出来ないないと思ったか、間半町ばかりになると、馬を一足にさっと駆け出て、同音に鬨をどっと作りました。朝倉少しも擬議([躊躇すること])せず大勢の中へ駆け入ると、馬煙を立てて斬り合いました。左衛門佐はこれを見て、「朝倉を討たすな、続け」と、三百余騎で取って返し、六条東洞院を東へ烏丸を西へ、追いつ返しつ七八度まで揉み合いました。細川(清氏)度毎に追い立てられるように見えました、南部六郎(南部政長まさなが)という世に勝れた兵がいましたが、ただ一騎踏み止まって戦い、返し合わせては斬って落とし、八方を追い立てて戦うと、左衛門佐の兵どもは、野白([密集していた人が、地面が見えるくらいにまばらになること])になりました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-05-18 07:36 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」京軍事(その6)      「太平記」京軍事(その5) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧