Santa Lab's Blog


「太平記」山徒寄京都事(その6)

彼ら二人ににん、ここに半時許はんじばかり支へて戦ひけれども、続く大衆一人もなし。敵雨の降る如くに射ける矢に、二人ながらじふ余箇所疵をかうむりければ、「今は所存これまでぞ。いざや冥途まで同道どうだうせん」と契りて、よろひ脱ぎ捨て押裸脱おしはだぬぎ、腹十文字じふもんじに掻き切つて、同じ枕にこそ伏したりけれ。これを見る武士ども、「あはれ日本一につぽんいちがうの者どもかな」と、しまぬ人もなかりけり。前陣の軍破れて引つ返しければ、後陣の大勢は軍場をだに不見して、道より山門へ引つ返す。ただ豪鑒がうかん豪仙がうせん二人が振る舞ひにこそ、山門の名をば揚げたりけれ。




彼ら二人(豪鑒がうかん豪仙がうせん)は、ここに半時ばかり留まり戦いましたが、続く大衆([僧])は一人もいませんでした。敵が雨の降る如くに射る矢に、二人ともに十余箇所疵を負って、「思うところ今はこれまでよ。いざ冥途まで同道するぞ」と契って、鎧を脱ぎ捨て押裸脱ぎ([押し肌脱ぐ]=[衣服を脱いで、上半身を現す])、腹を十文字に掻き切って、同じ枕に臥しました。これを見た武士どもは、「なんと日本一の剛の者どもよ」と、惜しまぬ人はありませんでした。前陣の軍が破れて引き返したので、後陣の大勢は軍場をだに見ずして、道より山門(延暦寺)に引き返しました。ただ豪鑒・豪仙二人の振る舞いだけが、山門の名を上げました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-05-22 08:32 | 太平記 | Comments(0)

<< 明日に向かって走れ(為せば成る?)      「太平記」八幡御託宣の事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧