Santa Lab's Blog


「太平記」四月三日合戦の事付妻鹿孫三郎勇力の事(その3)

両六波羅りやうろくはらは、度々の合戦に打ち勝つて兵皆気を挙げける上、その勢をかぞふるに、三万騎さんまんぎに余りける間、敵すでに近付きぬと告げけれども、仰天ぎやうてんの気色もなし。六条河原ろくでうかはらに勢汰へしてしづかに手分けをぞせられける。山門今は武家に心ざしを通ずといへども、また如何なる野心をか存ずらん。非可油断とて、佐々木の判官時信ときのぶ・常陸の前司時朝ときとも・長井縫殿ぬひ秀正ひでまさに三千余騎を差して、糾河原ただすかはらへ被向。去月きよげつ十二日の合戦も、その方より勝つたりしかば吉例きちれいなりとて、河野かうの陶山すやまとに五千騎ごせんぎを相ひ副へて法性寺大路ほふしやうじおほちへ被差向。富樫とがし・林が一族・島津しまづ小早河こばいかはが両勢に、国々の兵六千余騎を相ひて、八条東寺辺へ被指向。厚東こうとう加賀のかみ加治かぢの源太左衛門さゑもんじよう隅田すだ・高橋・糟谷かすや・土屋・小笠原をがさはらに七千余騎を相ひ副へて、西七条口へ被向。自余の兵千余騎をば悪手の為に残して、未だ六波羅に並居なみゐたり。




両六波羅(北方は北条仲時なかとき、南方は北条時益ときます)は、度々の合戦に打ち勝って兵は皆血気盛んな上、その勢を数えれば、三万騎に余っていましたので、敵が近付くと知らせましたが、仰天することはありませんでした。六条河原に勢揃えして静々と手分けをしました。山門は今では武家に心ざしを通じていましたが、またどのような野心を抱くとも知れませんでした。油断するべからずと、佐々木判官時信(六角時信)・常陸前司時朝(北条時朝ときとも)・長井縫殿秀正に三千余騎を添えて、糾河原(現京都市左京区)へ差し向けました。去月十二日の合戦も、その方より勝ったので吉例であると、河野と陶山とに五千騎を添えて法性寺大路に差し向けました。富樫・林一族・島津・小早川の両勢に、国々の兵六千余騎を添えて、八条東寺(現京都市南区)辺へ差し向けました。厚東加賀守・加治源太左衛門尉(加地貞季)・隅田・高橋・糟谷・土屋・小笠原に七千余騎を添えて、西七条口へ向かわせました。自余の兵千余騎は新手のために残したので、まだ六波羅には大勢残っていました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-05-25 07:33 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」広有射怪鳥事(その1)      「太平記」四月三日合戦の事付妻... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧