Santa Lab's Blog


「太平記」四月三日合戦の事付妻鹿孫三郎勇力の事(その11)

この武者可然者のにてやありけん、「あれ討たすな」とて、五十ごじふ余騎の兵迹に付いて追ひけるを、孫三郎まごさぶらう尻目にはつたと睨んで、「敵も敵によるぞ。一騎なればとて我に近付いて過ちすな。欲しがらばすはこれ取らせん。請け取れ」と云つて、左の手に引つ提げたる鎧武者よろひむしやを、右の手に取り渡して、ゑいとげたりければ、跡なる馬武者六騎が上を投げ越して、深田ふけたの泥の中へ見へぬほどこそ打ち込うだれ。これを見て、五十余騎の者ども、同時に馬を引つ返し、逸足いちあしを出だしてぞ逃げたりける。赤松入道は、殊更今日けふの軍に、憑み切つたる一族のつはものどもも、所々にて八百余騎被打ければ、気疲れ力落ち果てて、八幡やはた・山崎へまた引つかへしけり。




この武者はしかる者の子息であったか、「あれ討たすな」と、五十余騎の兵が後に付いて追うところを、孫三郎(妻鹿長宗ながむね)は尻目にはたと睨んで、「敵も敵によるものぞ。一騎だからといってわしに近付いて命を落とすな。欲しいのならばこれを取らすぞ。受け取れ」と言って、左手に引っ提げた鎧武者を、右手に取り直して、えいと投げると、後ろの馬武者六騎の上を越えて、深田の泥の中へ見えぬほど埋まりました。これを見て、五十余騎の者どもは、同時に馬を引っ返し、逸足で逃げました。赤松入道(赤松則村のりむら)は、今日の軍で、頼みきった一族の兵どもが、所々で八百余騎討たれたので、力をなくして、八幡(現京都府八幡市)・山崎(現大阪府三島郡島本町)へまた引き返しました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-06-02 07:29 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」主上自令修金輪法給ふ...      「太平記」四月三日合戦の事付妻... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧