Santa Lab's Blog


「太平記」主上自令修金輪法給ふ事付千種殿京合戦の事(その5)

丹波の国の住人ぢゆうにん荻野彦六と足立三郎は、五百余騎にて四条しでう油小路まで責め入りたりけるを、備前の国の住人、薬師寺の八郎・中吉なかぎりの十郎丹・児玉が勢ども、七百余騎相支あひささへて戦ひけるが、二条にでうの手被破ぬと見へければ、荻野・足立も諸共に御方の負けして引つ返す。金持かなぢ三郎は七百余騎にて、七条東洞院ひがしのとうゐんまで責め入りたりけるが、深手を負うて引き兼ねけるを、播磨の国の住人肥塚こいづかが一族、三百余騎が中に取り篭めて、出し抜いて生け捕りてげり。丹波の国くに神池みいけ衆徒しゆとは、八十はちじふ余騎にて、五条西洞院にしのとうゐんまで責め入り、御方の引くをも知らで戦ひけるを、備中の国の住人、しやうの三郎・真壁の四郎、三百余騎にて取り篭め、一人も不余打つてげり。方々の寄せ手、あるひは被打あるひは被破て、皆桂河かつらがはの辺まで引きたれども、名和なわの小次郎と小嶋備後の三郎とが向かひたりける一条の寄せ手は、未だ引かず、懸けつかへしつ時移るまで戦ひたり。防ぐは陶山すやま河野かうのにて、責めるは名和なわと小嶋となり。小島と河野とは一族にて、名和と陶山とは知人なり。日来のことばをや恥ぢたりけん、後日の難をや思ひけん、死してはかばねを曝すとも、逃げて名をば失はじと、互ひに命を不惜、をめき叫んでぞ戦ひける。大将頭の中将ちゆうじやうは、内野まで被引たりけるが、一条の手なほ相支あひささへて戦ひ半ばなりと聞こへしかば、また神祇官じんぎくわんの前へ引つ返して、使ひを立てて小島と名和とを被喚返けり。彼ら二人ににん陶山すやま河野かうのとに向かひて、「今日けふすでに日暮れさふらひぬ。後日にこそまた見参に入らめ」と色代して、両軍ともに引き分かれ、各々東西へ去りにけり。




丹波国の住人荻野彦六と足立三郎は、五百余騎で四条油小路(現京都市中京区)まで攻め入りましたが、備前国の住人、薬師寺八郎・中吉十郎・丹・児玉の勢どもが、七百余騎で防ぎ戦いました、二条の手が敗れたと見えたので、荻野・足立もともに戦負けして引き返しました。金持三郎は七百余騎で、七条東洞院(現京都市下京区)まで攻め入りましたが、深手を負って引き兼ねるところを、播磨国の住人肥塚一族、三百余騎の中に取り籠められて、生け捕られました。丹波国の神池(現兵庫県丹波市にある神池じんぢ寺)の衆徒は、八十余騎で、五条西洞院まで攻め入り、味方の引くのも知らずに戦いましたが、備中国の住人、庄三郎・真壁四郎に、三百余騎で取り籠められて、一人残らず討たれました。方々の寄せ手は、あるいは討たれあるいは敗れて、皆桂川の辺まで引き退きましたが、名和小次郎と小嶋備後三郎(児島高徳たかのり)が向かった一条の寄せ手は、いまだ引かず、駆けつ返しつ時が移るまで戦っていました。防ぐは陶山と河野、攻めるは名和と児島でした。児島と河野とは一族で、名和と陶山は知人でした。日頃の言葉に恥じたか、後日の難を思ってか、死んで屍を晒すとも、逃げて名を失うわけにはいかないと、互いに命を惜しまず、喚き叫んで戦いました。大将頭中将(千種忠顕ただあき)は、内野まで引いていましたが、一条の手がなおも引かずに戦っていると聞いて、また神祇官の前へ引き返して、使いを立てて児島と名和を呼び戻しました。彼ら二人は、陶山と河野に向かって、「今日はすでに日が暮れた。後日にまた戦おうぞ」と色代([挨拶])して、両軍ともに引き分かれ、各々東西に離れました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-06-07 08:05 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」主上自令修金輪法給ふ...      「太平記」主上自令修金輪法給ふ... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧