Santa Lab's Blog


「太平記」足利殿着御篠村則国人馳参事(その1)

さるほどに、足利殿篠村しのむらに陣を取つて、近国の勢を被催けるに、当国の住人ぢゆうにん久下くげの弥三郎時重ときしげと云ふ者、二百五十騎にて真つ先に馳せ参る。その旗のもん笠符かさじるしに皆一番と云ふ文字を書いたりける。足利殿これを御覧じて、怪しく思しければ、かう右衛門うゑもんじよう師直もろなほを被召て、「久下の者どもが、笠符に一番と云ふを書いたるは、元来の家の文か、またこれへ一番に参りたりと云ふしるしか尋たづね給ひければ、師直畏つて、「由緒ゆゐしよある文にて候ふ。彼が先祖、武蔵の国の住人ぢゆうにん久下の二郎重光しげみつ、頼朝大将殿たいしやうどの、土肥の杉山にて御旗を被揚てさふらひける時、一番に馳せ参じて候ひけるを、大将殿御感候ひて、「もし我天下を持たたば、一番に恩賞を可行」と被仰て、みづから一番と云ふ文字を書いてさふらひけるを、やがてその家のもんと成して候ふ」と答へまうしければ、「さてはこれが最初に参りたるこそ、当家の吉例なれ」とて、御賞翫しやうぐわん殊に甚しかりけり。




やがて、足利殿(足利高氏)は篠村(現京都府亀岡市)に陣を取って、近国の勢を集めました、
当国の住人久下弥三郎時重(久下時重)という者が、二百五十騎で真っ先に馳せ参りました。その旗の紋、笠符には皆一番という文字が書いてありました。足利殿はこれを見て、不思議に思い、高右衛門尉師直(高師直)を呼んで、「久下の者どもが、笠符に一番という文字を書いておるが、元来の家紋か、またここへ一番に参った符か」と訊ねると、師直は畏って、「由緒ある紋でございます。彼の先祖、武蔵国の住人久下二郎重光(久下重光)は、頼朝大将殿(源頼朝)が、土肥杉山(現神奈川県足柄下郡湯河原町)で旗を上げられた時、一番に馳せ参じました、大将殿は感心されて、「もし我が天下を取った時には、一番に恩賞を行うぞ」と申されて、自ら一番という文字を書いて下されましたが、やがてその家紋としたのです」と答えました、「ならば久下が最初に参ったことは、当家の吉例となろう」と申して、たいそうよろこびました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-06-11 10:09 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」足利殿着御篠村則国人...      「太平記」主上自令修金輪法給ふ... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧