Santa Lab's Blog


「太平記」高氏被篭願書於篠村八幡宮事(その3)

文章玉をつづつて、ことば明らかに理こまやかなれば、神も定めて納受しおはしますらんと、聞く人皆信をらし、士卒悉く憑みを懸け奉りけり。足利殿みづから筆を執つて判を据ゑ給ひ、上差うはざしのかぶら一筋ひとすぢへて、宝殿はうでんに被納ければ、舎弟直義ただよし朝臣を始めとして、吉良・石塔いしだふ仁木につき・細川・今河・荒川あらかはかう・上杉、以下相順あひしたがふ人々、我も我もと上矢うはや一つづつたてまつりける間、その社壇に満ち満ちて、塚の如くに積み挙げたり。




文章は美辞麗句を並べ、言葉は明らかに理を尽くして、神も定めて納受されるであろうと、聞く人は皆信心を成し、士卒は残らず頼みを懸けました。足利殿(足利高氏)は自ら筆をとって判を押し、上差し([えびら胡籙やなぐいなどに差した征矢に差し添えた、二本の鏑矢])の鏑矢を一筋添えて、宝殿に奉納すると、舎弟直義朝臣(足利直義)をはじめとして、吉良(吉良満義みつよし)・石塔(石塔義房よしふさ)・仁木(仁木頼章よりあき)・細川(細川和氏かずうぢ)・今川(今川範国のりくに)・荒川(荒川頼直よりなほ?)・高(高師直もろなほ師泰もろやす)・上杉(上杉頼成よりなり)、以下相従う人々は、我も我もと上矢一つずつ献上したので、矢は社壇に満ち満ちて、塚の如く積み上がりました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-06-19 10:04 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」高氏被篭願書於篠村八...      「太平記」高氏被篭願書於篠村八... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧