Santa Lab's Blog


「太平記」持明院殿吉野遷幸事付梶井宮事(その2)

同じき二十七日にじふしちにち北畠右衛門うゑもんかみ顕能あきよし、兵五百余騎を率して持明院殿ぢみやうゐんどのへ参り、先づその辺の辻々門々を堅めさせければ、「すはや武士どもが参りて、院・内を失ひまゐらせんとするは」とて女院・皇后御心を迷はして臥し沈ませ給ひ、内侍・上童うへわらは・上臈・女房などは、行方ゆくへも不知逃げふためいてここかしこに彷徨ふ。されども顕能卿、おだやかに西の小門より参つて、四条しでうの大納言隆蔭たかかげきやうを以つて、「世のしづまり候はんほどは、皇居くわうきよを南山に移しまゐらすべしとの勅定ちよくぢやうにて候ふ」と被奏ければ、両院・主上しゆしやう・東宮あきれさせ給へる許りにて、とかうの御ことばにも不及、ただ御泪にのみほれさせ給ひて、羅穀らこくの御袂絞る計りに成りにけり。




同じ(正平七年(1352)潤二月)二十七日に北畠右衛門督顕能(北畠顕能)は、兵五百余騎を率して持明院殿(現京都市上京区にあった持明院統の里内裏)に参り、まずそのあたりの辻々門々を固めたので、「なんということか武士どもが参って、院(北朝初代光厳院・第二代光明院)・内(北朝第三代崇光天皇)を失い参らせようとしているのでは」と申して女院(第九十三代後伏見天皇の女御で光厳天皇・光明天皇の実母、西園寺寧子やすこ。広義門院)・皇后(光厳天皇の典侍で崇光天皇・北朝第四代後光厳天皇の生母、正親町三条秀子おほぎまちさんでうひでこ?)は心惑い臥し沈み、内侍・上童・上臈・女房などは、行く方も知れず逃げふためいてここかしこにさまよいました。けれども顕能卿は、穏かに西の小門より参ると、四条大納言隆蔭卿(四条隆蔭)をもって、「世が静まるまで、皇居を南山に移すべしとの勅定でございます」と奏したので、両院(光厳院・光明院)・主上(崇光天皇)・東宮(第九十五代花園天皇の皇子、直仁なほとし親王)はあきれるばかりで、何も申せませんでした、ただ涙を流されて、羅穀([絹織物])の袂を絞るしかありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-06-25 13:12 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」持明院殿吉野遷幸事付...      「太平記」園城寺戒壇事(その5) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧