Santa Lab's Blog


「太平記」吉野殿与相公羽林御和睦の事付住吉松折事(その1)

足利宰相さいしやう中将ちゆうじやう義詮よしあきら朝臣は、将軍鎌倉へ下り給ひし時京都守護の為に被残おはしけるが、関東くわんとうの合戦の左右は未だ聞こへず、京都は以外に無勢ぶせいなり。かくては如何様、和田にぎた・楠木に被寄て、無云甲斐京を被落ぬとをぼしければ、一旦事をはかつて、暫く洛中を無為ぶゐならしめん為に、吉野殿へ使者を立て、「自今以後は、御治世ぢせいの御事と、国衙こくが郷保がうほ、並びに本家領家りやうけ、年来進止しんしの地に於いては、武家一向いつかうそのいろひを可止にて候ふ。ただ承久しようきう以後新補しんぽ率法りつはふ並びに国々の守護職、地頭御家人の所帯を武家の成敗に被許て、君臣和睦の恩慧おんけいを被施候ふは、武臣七徳の干戈かんくわをさめて、聖主万歳ばんぜい宝祚ほうそを可奉仰」しきりに奏聞をぞ被経ける。これによつて諸卿僉議あつて、先に直義ただよし入道和睦の由を申して、ことばの下に変じぬ。これもまたいつはつてまうす条無子細思いゆれども、はかりこと一途いちづたれば、先づ義詮よしあきらが被任申旨、帝都還幸くわんかうの儀をもよほし、しかうして後に、義詮をば畿内・近国の勢を以つて退治たいぢし、尊氏をば義貞が子どもにおほせ付けて、則ち被御追罰何の子細か可有とて、御問答再往さいわうにも不及、御合体がつていの事子細非じとぞ被仰出ける。両方互ひに偽り給へる趣き、誰かは可知なれば、この間持明院殿ぢみやうゐんどの方に被拝趨ける諸卿、皆賀名生あなふ殿へ被参。




足利宰相中将義詮朝臣(足利義詮。足利尊氏の嫡男)は、将軍(足利尊氏)が鎌倉へ下った時京都守護のために残っていましたが、関東の合戦の雌雄はいまだ聞こえず、京都はまったく無勢でした。ややもすれば、和田・楠木(楠木正儀まさのり。楠木正成の三男)に攻められて、言う甲斐なく京を追い落とされると思い、一旦謀略を廻らせて、しばらく洛中を無為(何事も起きないこと)ならしめんために、吉野殿(第九十七代後村上天皇)へ使者を立て、「今後は、治世と、国衙([国領])の郷保(行政区の単位。郷は郡の下位の単位、保は郷の下位の単位)、並びに本家(最上位の荘園領主)領家(荘園に係る権利・利益の一部を付与された者)、年来進止([土地・財産・人間などを自由に 支配・処分すること])の地においては、武家がまったく関わりません。ただ承久以後新補([新補地頭]=[勝利した鎌倉幕府が敗北した朝廷側から没収した膨大な所領に新しく補置した地頭])の率法([新補率法]=[田畑十一町ごとに一町の田畑および反当り五升の加徴米を与えた])並びに国々の守護職、地頭御家人の所帯(所領)を武家の成敗に許されて、君臣和睦の恩恵を施されたならば、武臣は七徳([武の七つの徳。暴を禁じ、兵を治め、大を保ち、功を定め、民を安んじ、衆を和せしめ、財を豊かにする])の干戈([軍])を収めて、聖主万歳の宝祚([天子の位])を仰ぎ奉るべし」としきりに奏聞に及びました。これによって諸卿僉議あって、先には直義入道(足利直義。足利尊氏の弟)が和睦の由を申しましたが、言下(たちまち)に変わりました。これもまた偽って申すことに違いないと思われましたが、謀は一途([一つの方法・手段])でしたので、まず義詮の申すに任せて、帝都還幸の儀を成し、その後、義詮をば畿内・近国の勢をもって退治し、尊氏は義貞(新田義貞)の子どもに命じて、たちまち追罰すべきであると、再度の問答にも及ばず、合体(正平一統)に問題なしと申されました。両方互いに偽ることを、誰も知らないことでしたので、この間持明院殿(北朝第三代崇光天皇。持明院殿は、現京都市上京区にあった持明院統の里内裏)方に拝趨([参上])していた諸卿は、皆賀名生殿(現奈良県五條市)へ参りました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-06-29 07:21 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」吉野殿与相公羽林御和...      「太平記」将軍御進発大渡・山崎... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧