Santa Lab's Blog


「太平記」吉野殿与相公羽林御和睦の事付住吉松折事(その7)

住吉に十八日御逗留とうりうあつて、うるふ二月十五日天王寺てんわうじへ行幸なる。この時伊勢の国司中院なかのゐん衛門ゑもんかみ顕能あきよし、伊賀・伊勢の勢三千余騎を率して被馳参けり。同じき十九日八幡やはたへ行幸成て、田中法印が坊を皇居くわうきよに被成、赤井・大渡おほわたりに関を据へて、兵山上山下さんげに満ち満ちたるは、ひたすら合戦の御用意なりと、洛中の聞こへ不穏。これによつて義詮朝臣よしあきらあそん法勝寺ほつしようじ慧鎮ゑちん上人を使ひにて、「臣不臣の罪を謝して、勅免を可蒙由申し入るる処に、照臨已に下情かじやうを被恤、上下和睦の義、事定まりさうらひぬる上は、何事の用心か候ふべきに、和田にぎた・楠木以下の官軍くわんぐんら、ひたすら合戦のくはたてある由うけたまはり及び候ふ。如何様いかやうの子細にて候ふやらん」と被申たり。主上しゆしやうぢきに上人に御対面有て、「天下未だ恐懼きようくを懐く間、ただ非常をいましめん為に、官軍を被召具いへども、君臣已に和睦の上は更に異変の義不可有。たとひ讒者ざんしやの説ありとも、胡越こえつの心を不存ば太平のもとゐたるべし」と、勅答あつてぞ被返ける。綸言已に如此。士女しぢよの説何ぞ用ゐる処ならんとて、義詮朝臣を始めとして、京都の軍勢、かつて今被出抜とは夢にも不知、由断して居たる処に、同じき二十七日にじふしちにちの辰の刻に、中院の右衛門の督顕能、三千余騎にて鳥羽より推し寄せて、東寺の南、羅城門らしやうもんの東西にして、旗の手を解き、千種の少将せうしやう顕経あきつね五百余騎にて、丹波路たんばぢ唐櫃越からうとごえより押し寄せて、西の七条に火を上ぐる。和田・楠木・三輪・越知をち・真木・神宮寺、その勢都合五千余騎、宵より桂川を打ち渡つて、まだ篠目しののめの明けぬ間に、七条大宮しちでうおほみやの南北七八町に村立つて、鬨の声をぞ揚げたりける。




(第九十七代後村上天皇は)住吉(現大阪市住吉区にある住吉大社)に十八日間逗留されて、(文和元年(1352))潤二月十五日に天王寺(現大阪市天王寺区にある四天王寺)に行幸になられました。この時伊勢国司中院衛門督顕能(北畠顕能)が、伊賀・伊勢の勢三千余騎を率して馳せ参りました。同じ十九日に八幡(現京都府八幡市にある石清水八幡宮)に行幸されて、田中法印の坊を皇居に成し、赤井(現大阪府枚方市)・大渡(現京都府八幡市)に関を据えて、兵が山上山下に満ち満ちましたが、ただ合戦の用意のためだと、洛中への聞こえは穏やかではありませんでした。これによって義詮朝臣(足利義詮。足利尊氏の嫡男)は、法勝寺(かつて現京都市左京区にあった寺院)の慧鎮上人を使いにして、「臣が臣ならぬ罪を謝して、勅免を蒙る由を申し入れるところに、照臨([君主が国土・人民を統治すること])すでに下情([一般の民衆の実情。庶民生活の様子])を憐れまれ、上下和睦の義、事定まった上は、何事の用心もありませんでしょうに、和田・楠木(楠木正儀まさのり。楠木正成の三男)以下の官軍らが、合戦の企てをしておると聞き及んでおります。いったいどういうことでございましょう」と申し上げました。主上(後村上天皇)は直接慧鎮上人に対面されて、「天下はいまだ恐懼([恐れ畏まること])を懐いておる、ただ非常に備えるために、官軍を召し具しておるが、君臣すでに和睦の上は異変があるはずもない。たとえ讒者が何を申すとも、胡越の心がなければ太平が揺るぐものではない」と、勅答されました。綸言はこの通りでした。士女([男と女])の意見など聞く耳を持たずと、義詮朝臣をはじめとして、京都の軍勢は、出し抜かれたとは夢にも思わず、油断するところに、同じ二月二十七日の辰の刻([午前八時頃])に、中院右衛門督顕能(北畠顕能)が、三千余騎で鳥羽(現京都市南区・伏見区)より押し寄せて、東寺(現京都市南区にある教王護国寺)の南、羅城門(現京都市南区にあった)の東西にして、旗の手を解き、千種少将顕経(千種顕経)は五百余騎で、丹波路唐櫃越え(現京都府京都市西京区と亀岡市篠町を結ぶ道)より押し寄せて、西七条に火を上げました。和田・楠木・三輪・越知・真木・神宮寺は、その勢都合五千余騎で、宵より桂川を打ち渡って、まだ東雲の明けぬ間に、七条大宮の南北七八町に群れ立って、鬨の声を上げました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-06-30 08:24 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」吉野殿与相公羽林御和...      「太平記」吉野殿与相公羽林御和... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧