Santa Lab's Blog


「太平記」吉野殿与相公羽林御和睦の事付住吉松折事(その8)

東寺・大宮おほみやの鬨の声、七条口の烟を見て、「すはや楠木寄せたり」と、京中きやうぢゆうの貴賎上下あはて騒ぐ事不斜。細川陸奥のかみ顕氏あきうぢは、千本に宿して居たりけるが、遥かに西七条の烟を見て、先づ東寺へ馳せ寄らんと、僅かに百四五十騎にて、西の朱雀しゆしやかを下りに打ちけるが、七条大宮しちでうおほみやに控へたる楠木が勢に被取篭、陸奥の守のをひ細河ほそかは八郎はちらう矢庭やにはに被討ければ、顕氏主従八騎に成つて、若狭を指してぞ落ちける。細河讃岐の守頼春よりはるは、時の侍所さぶらひどころなりければ、東寺辺へ打ち出でて勢を集めんとて、手勢三百騎許りにて、これも大宮を下りに打ちけるが、六条ろくでう辺にて敵の旗を見て、「著到ちやくたうも勢汰へも今はいらぬ所なり。何様先づこれなる敵を一散らし散らさでは、いづくへか可行」とて、三千余騎控へたる和田にぎた・楠木が勢に相向かふ。楠木が兵兼ねてのたくみありて、一枚楯の裏のさんを繁く打つて、如階こしらへたりければ、在家の垣に打ち懸け打ち懸けて、究竟くつきやうの射手三百余人、家の上に登りて目の下なる敵を見下ろして射ける間、面を向くべき様もなくて進み兼ねたる処を見て、和田・楠木五百余騎くつばみを双べてぞ懸けたりける。




東寺(現京都市南区にある教王護国寺)・大宮大路の鬨の声、七条口の煙を見て、「楠木(楠木正儀まさのり。楠木正成の三男)が攻めて来たぞ」と、京中の貴賎上下があわて騒ぐ様は尋常ではありませんでした。細川陸奥守顕氏(細川顕氏)は、千本(現京都市上京区?)にいましたが、遥かに西七条の煙を見て、まず東寺へ馳せ寄ろうと、わずかに百四五十騎で、西朱雀大路を急ぎ下りましたが、七条大宮に控えていた楠木(正儀)の勢に取り籠められて、陸奥守(細川顕氏)の甥、細川八郎がたちまち討たれたので、顕氏は主従八騎になって、若狭国を指して落ちて行きました。細川讃岐守頼春(細川頼春)は、時の侍所でしたので、東寺辺へ打ち出て勢を集めようと、手勢三百騎ばかりで、これも大宮大路を急ぎ下りましたが、六条辺で敵の旗を見て、「著到([著到状]=[不時の出陣命令を受けてそれに応じ、あるいはみずからこれを聞いて自発的に参着したことを記して提出する文書])も勢汰えも今は無用ぞ。とにかくまずはこの敵を一散らし散らずば、どこへも行けぬ」と申して、三千余騎が控えていた和田・楠木の勢に当たりました。楠木(正儀)の兵は予ねてより計略を巡らせて、一枚楯の裏のさん([戸・障子などの骨組み])を数多く打って、階のように拵えて、在家の垣に打ち懸け打ち懸けて、究竟の射手三百余人が、家の上に登って目下の敵を見下ろして矢を射たので、面を向くこともできずに進み兼ねたところを、和田・楠木五百余騎が轡を並べて駆けました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-06-30 08:31 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」吉野殿与相公羽林御和...      「太平記」吉野殿与相公羽林御和... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧