Santa Lab's Blog


「太平記」三井寺合戦並当寺撞鐘事付俵藤太事(その4)

夜すでに明け方になりしかばげん中納言ぢゆうなごん顕家あきいへきやう二万余騎、新田につた左兵衛さひやうゑかみ義貞よしただ三万余騎、脇屋・堀口・額田ぬかだ・鳥山の勢一万五千余騎、志賀・唐崎の浜路はまぢに駒を進めて押し寄せて、後陣ごぢん遅しとぞ待ちける。前陣の勢先づ大津おほつの西の浦、松本の宿に火を懸けて鬨の声を上ぐ。三井寺みゐでらの勢ども、兼ねてより用意したる事なれば、南院なんゐんの坂口に下り合つて、散々に射る。一番に千葉の介千余騎にて押し寄せ、一二の木戸打ち破り、城の中へ切つて入り、三方さんぱうに敵を受けて、半時はんじ計り戦ふたり。細川ほそかはきやうの律師定禅ぢやうぜんが横合ひに懸かりける四国の勢六千余騎に取り籠められて、千葉の新介矢庭やにはに討たれにければ、その手のつはもの百余騎に、たうの敵を討たんと駆け入り駆け入り戦うて、百五十騎討たれにければ、後陣にゆづつて引き退く。




夜がすでに明け方になると源中納言顕家卿(北畠顕家)二万余騎、新田左兵衛督義貞(新田義貞)三万余騎、脇屋(脇屋義助よしすけ)・堀口・額田・鳥山の勢一万五千余騎、志賀(現滋賀県大津市)・唐崎(現滋賀県大津市)の浜路に駒を進めて押し寄せて、後陣遅しと待ちました。前陣の勢はまず大津の西の浦、松本宿に火を懸けて鬨の声を上げました。三井寺(現滋賀県大津市にある園城寺)の勢どもは、予ねてより用意していましたので、南院の坂口に下り合って、散々に矢を射ました。一番に千葉介(千葉貞胤さだたね)が千余騎で押し寄せ、一二の木戸を打ち破り、城の中へ切って入り、三方に敵を受けて、半時ばかり戦いました。細川卿律師定禅(細川定禅)が横合いに懸かる四国の勢六千余騎に取り籠められて、千葉新介(千葉一胤かずたね。千葉貞胤の長男)がたちまち討たれたので、その手の兵百余騎に、敵を討とうと駆け入り駆け入り戦って、百五十騎が討たれて、後陣に譲って引き退きました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-07-04 07:04 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」三井寺合戦並当寺撞鐘...      「太平記」三井寺合戦並当寺撞鐘... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧