Santa Lab's Blog


「太平記」建武二年正月十六日合戦事(その1)

三井寺みゐでらの敵事故ことゆゑなく攻め落としたりければ、長途ちやうどに疲れたる人馬、一両日いちりやうにち機を助けてこそまた合戦をも致さめとて、顕家あきいへきやう坂本へ引き返されければ、その勢二万余騎は、かの趣きに相順ふ。新田左兵衛さひやうゑかみも、同じく坂本へ帰らんとし給ひけるを、舟田ふなた長門のかみ経政つねまさ、馬を控へてまうしけるは、「いくさの利、勝つに乗る時、逃ぐるを追ふより外の手立てはあらじと存じ候ふ。この合戦に打たれ漏れて、馬を棄て物の具を脱いで、命ばかりを助からんと落ち行き候ふ敵を追つ懸けて、京中きやうぢゆうへ押し寄するほどならば、臆病神おくびやうがみの付きたる大勢に引き立てられ、自余の敵も定めて機を失はんか。さるほどならば、官軍くわんぐん敵の中へ紛れ入りて、勢の分際ぶんざいを敵に見せじとて、ここに火を懸け、かしこに鬨を作り、縦横無碍じゆうわうむげに駆け立つるものならば、などか足利殿御兄弟きやうだいの間に近付き奉て、勝負を仕らでは候ふべき。落ち候ひつる敵、よも幾程も隔たり候はじ。いかさま一追ひ追つ懸けて見候はばや」とまうしければ、義貞よしただ、「我もこの儀を思ひつるところに、いしくも申したり。さらばやがて追つ懸けよ」とて、また旗の手を下ろして馬を進め給へば、新田の一族五千余人、その勢三万余騎、走る馬に鞭を進めて、落ち行く敵をぞ追つ懸けたる。敵今は遥かに隔たりぬらんと思ゆる程なれば、逃ふるは大勢にて遅く、追ふは小勢にて早かりければ、山階やましな辺にてやうやく敵にぞ追ひ付きける。




三井寺(現滋賀県大津市にある園城寺)の敵を無事攻め落として、長途に疲れた人馬を、一両日気を蓄えてまた合戦を致そうと、顕家卿(北畠顕家)が坂本(現滋賀県大津市)へ引き返すと、その勢二万余騎も、従いました。新田左兵衛督(新田義貞)も、同じく坂本へ帰ろうとするところに、舟田長門守経政(船田義昌)が、馬を控えて申すには、「軍の利は、勝つに乗る時、逃げる敵を追うよりほかの手立てはないと存じます。この合戦に討たれ漏れて、馬を捨て物の具([武具])を脱いで、命ばかりを助かろうと落ち行く敵を追いかけて、京中に押し寄せれば、臆病神の付いた大勢に引き立てられて、自余の敵も必ずや気力を失うことでしょう。それから、官軍を敵の中へ紛れ入りて、勢の分際([数])を敵に悟られないよう、ここに火を懸け、かしこに鬨を作り、縦横無碍に駆け立てれば、どうして足利殿ご兄弟(足利尊氏・直義ただよし)に近付いて、勝負を仕掛けられぬことがありましょうか。落ちる敵は、よもやさほど離れていないでしょう。ともかく一追い追い駆けてみましょう」と申すと、義貞も、「我も同じことを考えていたのだ、よくぞ申した。ならばすぐに追いかけよ」と申して、また旗の手を下ろして馬を進め給へば、新田一族五千余人、その勢三万余騎が、走る馬に鞭を進めて、落ち行く敵をぞ追い駆けました。敵は遥かに離れたと思う頃でした、逃げる敵は大勢で遅く、追うは小勢で速かったので、山階(現京都市山科区)辺でようやく敵に追い付きました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-07-13 08:24 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」建武二年正月十六日合...      「太平記」三井寺合戦並当寺撞鐘... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧