Santa Lab's Blog


「太平記」建武二年正月十六日合戦事(その2)

由良ゆら・長浜・吉江・高橋、真つ先に進んで追ひけるが、大敵をば欺くべからずとて、広みにて敵のかへし合ひつべき所まではさまで追はず、遠矢とほや射懸け遠矢射懸け、鬨を作るばかりにて、静々しづしづとこれを追ひ、道迫りて、しかも敵の行く先難所なんじよなる山路やまぢにては、笠より落とし駆けて、透間もなく射落とし斬り臥せける間、敵一度も返し得ず、ただ我先にとぞ落ち行きける。されば手を負うたる者はそのまま馬人に踏み殺され、馬離れたる者は引き兼ねて無力腹を切りけり。その死骸谷を埋め溝をうづみければ、追手おふての為には道たひらかになつて、いよいよ輪宝りんはう山谷さんこくを平らぐるに異ならず、将軍三井寺みゐでらいくさ始まりたりと聞こへて後、黒煙天におほうを見へければ、「御方いかさま負け軍したりと思ゆるぞ。急ぎ勢を遣はせ」とて、三条河原さんでうがはらに打ち出で、先づ勢揃へをぞし給ひける。




由良・長浜・吉江・高橋が、真っ先に進んで敵を追いましたが、大敵と張り合うべきではないと、広みでは敵が返し合わせるまでは執拗に追わず、遠矢を射懸け、鬨を作るばかりで、静々と敵を追い、道が迫り、しかも敵の行く先が難所となる山路では、笠より落とし駆けて、透間もなく射落とし斬り臥せました、敵は一度も返すことなく、ただ我先にと落ち行きました。こうして手負いの者はそのまま馬人に踏み殺され、馬から離れた者は引き兼ねてやむなく腹を切りました。その死骸は谷を埋め溝を埋めたので、追手の道は平地となって、ますます輪宝(菊輪宝。比叡山の寺紋)の山谷を平らげることとなりました、将軍(足利尊氏)は三井寺(現滋賀県大津市にある園城寺)に軍が始まったと聞いて後、黒煙が天を覆うのが見えたので、「味方はきっと負け軍をしたと思える。急ぎ勢を遣わせ」と申して、三条河原に打ち出て、まず勢揃えしました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-07-15 08:09 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」建武二年正月十六日合...      「太平記」建武二年正月十六日合... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
文中の両探題職は六波蘿探..
by aegean at 20:56
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧