Santa Lab's Blog


「太平記」賀茂神主改補事(その2)

よはひすでに二八にもなりしかば、巫山ぶさん神女しんによ雲となりし夢の面影を留め、玉妃ぎよくひ太真院たいしんゐんを出でし春のこびを残せり。ただ容色嬋娟ようしよくせんけんの世に勝れたるのみにあらず、小野小町をののこまちもてあそびし道を学び、優婆塞宮うばそくのみやすさみ給ひし跡を追ひしかば、月の前に琵琶びはだんじては、かたぶく影を招き、花のもとに歌を詠じては、移ろう色を悲しめり。さればその情けを聞き、そのかたちを見る人毎に、心を悩ませずと言ふ事なし。その頃先帝はいまだ帥宮そつのみやにて、かすかなる御棲居すまひなり。これは後宇多ごうだゐんの第二の皇子後醍醐ごだいご天皇てんわうまうせし御事なり。今の法皇は伏見のゐんの第一の皇子にて、すでに春宮とうぐうに立たせ給ふべしと言ひ、時めき合へり。この宮々如何なる玉簾たまだれの隙にか御覧じたりけん。この娘いとあてやかに臈長らふたけしとぞ思し召されける。されども、ひたすらなる御わざは如何と思し召しわづらうて、をぎの葉に伝ふ風の便りに付け、わすれぐさ末葉すゑばに結ぶ露の託言かごとに寄せては、言ひ知らぬ御文の数、千束ちつかに余るほどになりにけり。




齢二八(十六歳)にもなれば、巫山(神女峰。中国重慶市巫山県と湖北省の境にある名山)の神女が雲となった夢(楚の懐王が昼寝の夢の中で巫山の神女と契ったという故事)の面影を留め、玉妃(楊貴妃)が太真院を出た春の媚を思い起こさせました。容色嬋娟([容姿のあでやかで美しい様])が世に勝れているばかりでなく、小野小町が好んだ(和歌の)道を学び、優婆塞の宮(『源氏物語』の宇治八の宮)が楽しんだ跡を追い、月の前に琵琶を弾いては、傾く影を招き、花の下に歌を詠じては、移ろう色を悲しみました。こうして情けを聞き、その姿を見る人毎に、心を悩ませない人はいませんでした。その頃先帝(第九十六代後醍醐天皇)はまだ帥宮で、侘しく暮らしておられました。後宇多院(第九十一代天皇)の第二皇子後醍醐天皇(第九十六代天皇)と申されました。今の法皇(第九十三代後伏見院)は伏見院(第九十二代天皇)の第一皇子でしたが、春宮に立たれると聞こえて、時めいておられました。この宮々(後醍醐天皇と後伏見天皇)はいかなる玉簾の隙にご覧になられたか。基久の娘はたいそう気品があり美しいと思われました。けれども、一筋に思いを寄せるのもどうかと思い煩われて、荻の葉に伝ふ風の便りに付け(秋)、萱の末葉に結ぶ露の託言([口実])に寄せて、それとなく贈る文の数は、千束に余るほどになりました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-08-22 08:57 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」賀茂神主改補事(その3)      「太平記」賀茂神主改補事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧