Santa Lab's Blog


「太平記」住吉合戦の事(その1)

去んぬる九月十七日じふしちにちに、河内かはちの国藤井寺の合戦に、細川陸奥のかみ顕氏あきうぢ、無甲斐打ち負けて引き退きし後、楠木帯刀たてはき左衛門正行まさつらいきほひ機に乗つて、辺境へんきやう常にをかし奪はるといへども、年内は寒気甚だしくしてつはもの皆指を墜とし、手かがまる事ありぬべければ、しばしとてさしおかれけるが、さのみ延引せば敵に勢著きぬべしとて、十一月二十三日に軍評定いくさひやうぢやうあつて、同じき二十五日、山名伊豆いづの守時氏うぢとき・細川陸奥の守顕氏を両大将にて、六千余騎を住吉天王寺てんわうじへ被差下。顕氏は去んぬる九月の合戦に、楠木帯刀左衛門正行に打ち負けて、天下の人口に落ちぬる事、生涯しやうがいの恥辱なりと被思ければ、四国の兵どもを召し集めて、「今度の合戦また如先して帰りなば、万人の嘲哢てうろうたるべし。相構あひかまへて面々身命を軽んじて、以前の恥を洗がるべし」と、衆を勇め気を励まされければ、坂東・坂西・藤・きつ・伴の者ども、五百騎づつ一揆を結んで、大旗おほはた小旗下濃すそごの旗三流れ立てて三手みてに分け、一足も不引可討死と、神水じんすゐを飲みてぞ打ち立ちける。事のおぎろまことに思ひ切つたるていかなと、先づ涼しくぞ見えたりける。




さる(正平二年(1347))九月十七日に、河内国藤井寺の合戦で、細川陸奥守顕氏(細川顕氏)が、無斐なく打ち負けて引き退いた後は、楠木帯刀左衛門正行(楠木正行。楠木正成の嫡男)は、勢いに乗って、辺境を常に攻めて奪いました、年内は寒気が甚だしく兵は太刀を持ち得ず、指はかじかんで動かないので、しばらくは放っていましたが、このままでは敵に勢が付くと、十一月二十三日に軍評定あって、同じ十二月二十五日に、山名伊豆守時氏(山名時氏)・細川陸奥守顕氏(細川顕氏)を両大将として、六千余騎を住吉(現大阪市住吉区にある住吉大社)天王寺(現大阪市天王寺区にある四天王寺)に下しました。顕氏はさる九月の合戦で、楠木帯刀左衛門正行に打ち負けて、天下の口に上ることを、生涯の恥辱であると思っていたので、四国の兵どもを召し集めて、「今度の合戦また先の如く負けて帰れば、万人の嘲哢となるであろう。心して面々の身命を軽んじて、以前の恥を洗ぐべし」と、衆を勇め気を励ましたので、坂東・坂西・藤(藤原氏)・橘(橘氏)・伴(大伴氏)の者どもは、五百騎づつ一揆([集団])となって、大旗小旗下濃の旗を三流れ立てて三手に分け、一足も引かず討ち死にすべしと、神水([神前に供える水。また、誓いのしるしとして神前で飲む水])を飲んで打ち立ちました。事の頤([はなはだしい様。非常なこと])まことに思い切った姿は、さわやかに見えました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-09-10 11:11 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」住吉合戦の事(その2)      「太平記」新田殿湊河合戦事(その2) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧