Santa Lab's Blog


「太平記」住吉合戦の事(その6)

播磨の国住人ぢゆうにん小松原刑部左衛門は、主の三河みかはかみ討たれたる事をも不知、天神の松原まで落ち延びたりけるが、三河の守の乗り給ひたりける馬の平頚ひらくび、二太刀切られて放されたりけるを見て、「さては三河の守殿は討たれ給ひけり。落ちてはが為に命を可惜」とて、ただ一騎天神の松原より引つかへし、向かふ敵に矢二筋ふたすぢ射懸けて、腹掻き切つて死ににけり。その外のつはものども、親討たれども子は不知、主討ち死にすれども郎従らうじゆうこれを不助、物の具を脱ぎ棄て弓を杖に突いて、夜中に京へ逃げ上る。見苦しかりし有様なり。




播磨国の住人小松原刑部左衛門は、主の三河守(山名兼義かねよし。山名時氏ときうぢの弟)が討たれたのも知らず、天神(現大阪市北区にある大阪天満宮)の松原まで落ち延びましたが、三河守が乗っていた馬の平首([馬の首の側面])が、二太刀切られて放たれているのを見て、「さては三河守殿は討たれたか。落ちて誰のために命を惜しむべき」と、ただ一騎天神の松原より引き返し、向かう敵に矢を二筋射懸けて、腹を掻き切って死にました。そのほかの兵どもは、親が討たれるとも子は知らず、主が討ち死にすれども郎従([家来])は主を助けず、物の具([武具])を脱ぎ捨て弓を杖に突いて、夜中に京へ逃げ上りました。なんとも情けないことでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-09-11 07:11 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」新田殿湊河合戦事(その3)      「太平記」住吉合戦の事(その5) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧