Santa Lab's Blog


「太平記」備中福山合戦事(その2)

去るほどに、明くれば五月十五日の宵より、左馬のかみ直義なほよし三十万騎さんじふまんぎの勢にて、勢山せやまを打ち越へ、福山の麓四五里が間、数百すひやく箇所を陣に取つて、かがりを焚いてぞ居たりける。この勢を見ては、如何なる鬼神きじんともいへ、今夜落ちぬ事はよもあらじと思えけるに、城の篝も不焼止、なほこらへたりと見へければ、夜すでに明けて後、先づ備前・備中の勢ども、三千余騎にて押し寄せ、浅原峠あさはらたうげよりぞ懸かりたりける。これまでも城中鳴りを静めて音もせず。「さればこそ落ちたりと思ゆるぞ。鬨の声を上げて敵の有無いうぶも知れ」とて、三千余騎のつはものども、盾の板を叩き、鬨を作る事三声、近付きて上がらんとするところに、城中の東西の木戸口に、大鼓を打ちて鬨の声をぞ合はせたりける。余所に控えへたる寄せ手の大勢これを聞きて、「源氏の大将の籠もりたらんずる城の、小勢なればとて、聞き落ちにはよもせじと思ひつるが、果たしていまだこらへたりけるぞ。あなどつて手合はせのいくさし損ずな。四方しはうを取り巻いて同時に攻めよ」とて国々の勢一方一方を受け取つて、谷々峰々より攻め上りける。




やがて、夜が明ければ(建武三年(1336)五月十五日の宵より、左馬頭直義(足利直義ただよし。足利尊氏の弟)が三十万騎の勢で、勢山(?)を打ち越へ、福山(現岡山県総社市)の麓四五里の間、数百箇所を陣に取って、篝火を焚きました。この勢を見ては、如何なる鬼神ともいえ、今夜落ちぬことはないと思われましたが、城の篝も焼き止めず、なおも堪えると見えたので、夜がすでに明けて後、まず備前・備中の勢どもが、三千余騎で押し寄せ、浅原峠(現岡山県倉敷・総社市境にある峠)より懸かりました。それでも城中は鳴りを静めて音もしませんでした。「きっと落ちたと思うぞ。鬨の声を上げて敵の有無を確かめよ」と、三千余騎の兵どもが、盾の板を叩き、鬨を作ること三声、近付いて上がろうとするところに、城中の東西の木戸口から、大鼓を打って鬨の声を合わせました。余所に控えていた寄せ手の大勢はこれを聞いて、「源氏の大将が籠もる城ぞ、小勢なればと、聞き落ちはできまいと思っていたが、果たしてまだ堪えておるぞ。侮って手合わせの軍し損ずるな。四方を取り巻いて同時に攻めよ」と国々の勢が一方一方を受け取って、谷々峰々より攻め上りました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-09-18 09:01 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」備中福山合戦事(その3)      「太平記」備中福山合戦事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
文中の両探題職は六波蘿探..
by aegean at 20:56
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧