Santa Lab's Blog


「太平記」備中福山合戦事(その7)

ここにて人にたづぬれば、「脇屋殿は早やよひに播磨へ引かせ給ひて候ふなり」と申しける間、さては舟坂をばとほり得じとて、先日搦め手のまはりたりし三石みついしの南の山路やまぢを、たどるたどる夜もすがら越えて、坂越さごしの浦へぞ出でたりける。夜いまだ深かりければ、このまま少しの逗留とうりうもなくて打つて通らば、 新田殿には安く追つ着き奉るべかりけるを、子息高徳たかのりが先のいくさに負うたりける疵、いまだ愈えざりけるが、馬に振られけるに依つて、目くらく肝消して、馬にもたまらざりける間、坂越の辺に相知あひしつたる僧のありけるをたづね出だして、あづけ置きけるほどに、時刻押し遷りければ、五月さつきの短か夜明けにけり。




ここで人に訊ねると、「脇屋殿(脇屋義助よしすけ。新田義貞の弟)はすでに宵に播磨に引き退かれました」と申したので、さては船坂(現岡山・兵庫県境にある峠)は通れまいと、先日搦め手が迂回した三石(現岡山県備前市)の南の山路を、たどるたどる夜もすがら越えて、坂越の浦(現兵庫県赤穂市)に出ました。夜はまだ深かったので、このまま少しも逗留せず打って通れば、新田殿(新田義貞)には容易く追い付くことができましたが、子息高徳(児島高徳)が先の軍で負った疵が、まだ愈えていませんでしたので、馬に揺られて、目は眩み肝は消えて、馬に乗っていられなくなりました、坂越の辺に知った僧がいたので尋ね出して、預け置くほどに、時刻は押し移って、五月の短か夜は明けました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-09-24 08:55 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」備中福山合戦事(その8)      「太平記」備中福山合戦事(その6) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧