Santa Lab's Blog


「太平記」新田殿被引兵庫事

新田左中将さちゆうじやう義貞よしさだは、備前・美作の勢どもを待ち揃へん為に、賀古川かごかはの西なる岡に陣を取つて、二日までぞ逗留とうりうし給ひける。時節をりふし五月雨さみだれの降り続いて、河の水増さりければ、「跡より敵の懸かる事もこそ候へ。先づ総大将そうだいしやうまた宗との人々ばかりは、舟にて向かうへ御渡り候へかし」と諸人口々に申しけれども、義貞、「さる事やあるべき。渡さぬ先に敵懸かりたらば、中々引くべき方なくして、死を軽んぜんに便りあり。されば韓信が水を後ろにして陣を張りしはここなり。軍勢を渡し果てて、義貞後に渡るとも、何の痛みがあるべし」とて、先づ馬よわなる軍勢、手負うたる者どもを、漸々ぜんぜんにぞ渡されける。去るほどに水一夜に落ちて、備前・美作の勢馳せ参りければ、馬いかだを組んで、六万余騎同時に川をぞ渡されける。これまでは西国勢ども馳せ参じて、十万騎に余りたりしが、将軍兄弟上洛しやうらくし給ふ由を聞きて、いつの間にか落ち失せけん、五月十三日左中将さちゆうじやう兵庫に着き給ひける時は、その勢わづかに二万騎にも足りざりけり。




新田左中将義貞(新田義貞)は、備前・美作の勢どもを待ち揃えようと、加古川(現兵庫県加古川市)の西の岡に陣を取って、二日間逗留しました。時節五月雨が降り続いて、川は増水していましたので、「後方より敵が攻めて来るやもしれません。とりあえず総大将また主な人々ばかりは、舟にて向こうへお渡りなさいますよう」と諸人が口々に申しましたが、義貞は、「馬鹿なことを言うな。渡らぬ前に敵が攻めて来れば、引くこともできぬ、死を軽ろんじるようなものよ。韓信(中国秦末から前漢初期にかけての武将。前漢初代皇帝劉邦の元で数々の戦いに勝利した)が水を後ろにして陣を張ったのはそういうことぞ。軍勢を渡し果てて、この義貞が後に渡るとも、何の問題もない」と申して、まず馬弱の軍勢、手負いの者どもを、順次渡しました。やがて水は一夜に落ちて、備前・美作の勢が馳せ参ったので、馬筏を組んで、六万余騎が同時に川を渡りました。これまでは西国勢どもが馳せ参じて、十万騎に余りましたが、将軍兄弟(足利尊氏・直義ただよし)が上洛すると聞いて、いつの間にか落ち失せたか、五月十三日に左中将(新田義貞)が兵庫に着いた時には、その勢はわずかに二万騎にも足りませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-09-29 09:03 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」師直以下被誅事付仁義...      「太平記」備中福山合戦事(その10) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧