Santa Lab's Blog


「太平記」土岐頼遠参合御幸致狼籍事付雲客下車事(その2)

斯かる処に土岐弾正少弼ときだんじやうせうひつ頼遠よりとほ二階堂にかいだう下野の判官はうぐわん行春ゆきはる、今比叡ひえの馬場にて笠懸け射て、芝居の大酒に時刻を移し、これも夜深けてかへりけるが、無端樋口東洞院ひがしのとうゐんの辻にて御幸ごかうにぞ参り合ひける。召し次御前おんさきわしり散つて、「何者ぞ狼籍らうぜきなり。下り候へ」とぞ罵りける。下野の判官行春はこれを聞いて御幸なりけりと心得て、自馬飛んで下りかたはらに畏る。土岐弾正少弼頼遠は、御幸も不知けるにや、この頃時を得て世をも不恐、心のままに振る舞ひければ、馬を懸け据ゑて、「この頃洛中にて、頼遠などを下ろすべき者は思えぬものを、云ふは如何なる馬鹿者ぞ。一々に奴原きやつばら蟇目ひきめ負ふせてくれよ」と罵りければ、前駈御随身せんぐみずゐじん馳せ散つて声々に、「如何なる田舎人ゐなかうどなれば加様かやうに狼籍をば振る舞ふぞ。院の御幸にてあるぞ」と呼ばはりければ、頼遠酔狂すゐきやうの気やきざしけん、これを聞いてからからと打ち笑ひ、「なに院と云ふか、犬と云ふか、犬ならば射て落とさん」と云ふままに、御車を真ん中に取り篭めて馬を懸け寄せて、追物射おふものいにこそ射たりけれ。




そこへ土岐弾正少弼頼遠(土岐頼遠)・二階堂下野判官行春(二階堂行春)は、比叡の馬場で笠懸け([馬に乗って遠距離の的を射る競技])射て、芝居([酒宴のために芝生に座ること])の大酒に時刻を移し、これも夜深けて帰っていましたが、間の悪いことに樋口東洞院の辻で御幸と出会いました。召次([院御所で雑事に従った下級の職員])が御前に走り散って、「何者だ狼籍([乱暴を働く者])である。馬から下りよ」と叫びました。下野判官行春はこれを聞いて御幸だと心得て、馬から飛んで下り路端に畏りました。土岐弾正少弼頼遠は、御幸も知らなかったのか、この頃時を得て世をも恐れず、心のままに振る舞っていたので、馬に乗ったまま、「この頃洛中で、この頼遠を馬から下ろすとは何事ぞ、そんなことを言う馬鹿者は誰だ。奴ら一人一人蟇目([大形の鏑矢])を射てやろう」と怒鳴ったので、前駆([馬に乗って、行列などを先導する者])御随身([上皇の身辺および御所の警固に当たる者])は馳せ散って声々に、「如何なる田舎人なればかように狼籍を振る舞うのか。院の御幸であるぞ」と叫ぶと、頼遠は酒に酔っていたのか([酔狂]=[酒に酔ってとりみだすこと])、これを聞いてからからと打ち笑い、「なに院と言うか、犬と言うか、犬ならば射て落とすぞ」と言うままに、車を真ん中に取り籠めて馬を懸け寄せ、追物射([逃げる者を馬上から射ること])に矢を射ました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-10-09 09:08 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」土岐頼遠参合御幸致狼...      「太平記」土岐頼遠参合御幸致狼... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧