Santa Lab's Blog


「太平記」越後守自石見引返事(その2)

去るほどに武蔵五郎、越後ゑちごかみを待ち付けて、中国にはしばしも逗留とうりうせず、やがて上洛しやうらくすと聞こへければ、上杉取る物も取り敢へず、跡を追つて打ち止めよとて、その勢二千余騎、正月十三日じふさんにちの早旦に、草井地くさゐぢより打ち立つて、跡を追つてぞ寄りにける。越後の守は夢にもこれを知らず、片時へんしも行末を急ぐ道なれば、疋馬ひつばに鞭を進めて勢山せやまを打ち越えぬ。小旗一揆・川津かはづ・高橋・陶山すやま兄弟は、遥かの後陣ごぢんに引き後れて、未だ竜山のこなたに支へたり。先陣後陣せんぢんごぢん相阻あひへだたつて勢の多少も見分ねば、上杉が先懸けの五百余騎、一の後陣に打ちける陶山が百余騎の勢を目に懸けて、楯のたたいて鬨を作る。陶山元来軍の陣に臨む時、仮りにも人に後ろを見せぬ者どもなれば、鬨のこゑを合はせて、矢一筋ひとすぢ射違ふるほどこそあれ、大勢の中へ懸け入つて責めけれども、魚鱗鶴翼ぎよりんかくよくの陣、旌旗電戟せいきでんげきの光、須臾しゆゆ変化へんくわして、万方ばんぱうに相当たれば、野草やさうくれなゐに染みて汗馬のひづめ血を蹴立て、河水派みなまた堰かれて、士卒のかばね忽ち流れを断つ。かかりけれども、前陣は隔たつて知らず、後陣には続く御方もなし。只今を限りと戦ひけるほどに、陶山又次郎高直たかなほ、脇の下・内兜・吹返ふきかへしのはづれ、三所突かれて打たれにけり。




やがて武蔵五郎(高師夏もろなつ。高師直の子)は、越後守(高師泰もろやす)を待ち付けて、中国にはしばしも逗留せず、たちまち上洛すると聞こえたので、上杉(弾正少弼)はともかく、跡を追って討ち留めよと、その勢二千余騎が、(観応二年(1351))正月十三日の早旦に、草井地(広島県三原市?)を立ち、跡を追いかけました。越後守(高師泰)は夢にもこれを知らず、片時も先を急ぐ道でしたので、疋馬に鞭を進めて背山(?)を打ち越えました。小旗一揆・河津・高橋・陶山兄弟は、遥か後陣に引き後れて、いまだ竜山(現岡山県久米郡?)の向こうでした。先陣後陣を隔てて勢の多少も分かりませんでしたので、上杉の先懸駆け五百余騎は、一番後陣を打っていた陶山の百余騎の勢を目に懸けて、楯の端を叩いて鬨を作りました。陶山は元々軍の陣に臨む時、仮りにも人に後ろを見せぬ者どもでしたので、鬨の声を合わせて、矢を一筋射違えたかと思えば、大勢の中へ駆け入って攻めましたが、魚鱗([兵法で、八陣の一。中央が突き出した陣形])鶴翼([兵法で、八陣の一。鶴が翼を広げたような形に軍隊を配置すること。敵兵を包囲しようとする陣形])の陣、旌旗電戟(星旄電戟せいぼうでんげき=[星のように輝く旗と稲妻のような鋭い光を放つほこ。盛んな軍勢])の光は、須臾([短い時間])に変化して、万方より当たったので、野草は紅に染まり汗馬の蹄は血を蹴立て、川の水派([水の流れが分かれる所])は堰かれて、士卒の屍はたちまち流れを断ちました。けれども、前陣は隔たって知らず、後陣には続く味方もありませんでした。今を限りと戦うほどに、陶山又次郎高直(陶山高直)は、脇の下・内兜・吹返し([しころの両端が眉庇まびさしの左右に耳のように出て後方へ反っている所])の外れ、三所を突かれて討たれました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-11-03 08:50 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」越後守自石見引返事(...      「太平記」越後守自石見引返事(... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧