Santa Lab's Blog


「太平記」越後守自石見引返事(その5)

これより播磨までは、道のほど異なる事あらじと思ふ処に、美作の国の住人ぢゆうにん芳賀はが角田つのだの者ども相集つて七百余騎、杉坂の道を切り塞いで、越後ゑちごかみを打ち留めんとす。只今備中の軍に打ち勝つて、いきほひ天地をしのぐ河津・高橋がりやう一揆、一矢をも射させず、抜かれにけり。両国の軍に事故なく打ち勝つて、越後の守師泰もろやす・武蔵五郎師夏もろなつ、喜悦の眉を開き、観応二年二月に、将軍の陣を取つてをわしける書写坂本へ馳せ参る。




これより播磨までは、道中何事かあろうかと思うところに、美作国の住人、芳賀・角田の者どもが集まり七百余騎が、杉坂(現岡山県美作市と兵庫県佐用郡佐用町の境にある峠)の道を切り塞いで、越後守(高師泰)を討ち留めようとしました。けれども備中の軍に打ち勝って、勢い天地を凌ぐ河津・高橋両一揆は、一矢を射させず、通り過ぎました。両国の軍に何事もなく打ち勝って、越後守師泰・武蔵五郎師夏(高師夏。高師直もろなほの子)は、喜悦の眉を開き、観応二年(1351)二月に、将軍(足利尊氏)が陣を取っていた書写坂本(現兵庫県姫路市)に馳せ参りました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-11-06 08:57 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」光明寺合戦の事付師直...      「太平記」越後守自石見引返事(... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
文中の両探題職は六波蘿探..
by aegean at 20:56
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧