Santa Lab's Blog


「太平記」光明寺合戦の事付師直怪異の事(その1)

去るほどに八幡より、石堂いしたう右馬の権のかみを大将にて、愛曾あそ伊勢のかみ、矢野の遠江とほたふみ守以下五千余騎にて書写坂本へ寄らんとて下向しけるが、書写坂本へは越後ゑちごの守が大勢にて著きたる由を聞きて、播磨の光明寺に陣を取つて、なほ八幡へ勢をぞはれける。将軍この由を聞き給ひて、光明寺に勢を著かぬさきに、先づこれを打ち散らさんとて、同じき二月三日将軍書写坂本を打ち立つて、一万余騎の勢を率し、光明寺の四方しはうを取り巻き給ふ。石堂じやうを堅めて光明寺に篭もりしかば、将軍は引尾ひきをに陣を取り、師直もろなほ泣尾なきをに陣を取る。名詮自性みやうせんじしやうことわり寄せ手の為に、いづれも忌々いまいましくこそ聞こへけれ。同じき四日より矢合はせして、寄せ手高倉のより責め上れば、愛曾あそは二王堂の前に支へて相戦ふ。城中じやうちゆうには死生ししやう不知のあぶれ者ども、ここを先途と命を捨てて戦ふ。寄せ手は功高く禄重き大名だいみやうどもが、ただ御方の大勢を憑む許りにて、まことに我一大事と思ひ入つたる事なければ、毎日の軍に、城の中勝つに不乗云ふ事なし。




やがて八幡(現京都府八幡市にある石清水八幡宮)より、石塔右馬権頭(石塔頼房よりふさ)を大将として、愛曾(愛洲)伊勢守、矢野遠江守以下五千余騎で書写(現兵庫県姫路市にある円教寺)坂本に向かおうと下向しましたが、書写坂本へは越後守(高師泰もろやす)が大勢で籠もっていると聞いて、播磨の光明寺(現兵庫県加東市にある寺院)に陣を取って、再度八幡に勢を請いました。将軍(足利尊氏)はこれを聞いて、光明寺に勢が付かぬ前に、まず石塔頼房を打ち散らそうと、同じ(正平六年(1351))二月三日に将軍は書写坂本を打ち立って、一万余騎の勢を率し、光明寺の四方を取り巻きました。石塔(頼房)は城を固めて光明寺に籠もっていましたので、将軍は引尾山(現兵庫県加東市)に陣を取り、師直(高師直)は泣尾山(鳴尾山。現兵庫県加東市)に陣を取りました。名詮自性([物の名は、その物自体の本性を表すということ])の理寄せ手にとっては、いずれも不吉な名でした。同じ四日より矢合わせして、寄せ手は高倉の尾より攻め上れば、愛曾は仁王堂の前で防いで戦いました。城中には死生不知([死をものともしないこと。命知らず])のあぶれ者([無頼漢])どもが、ここを先途([勝敗・運命などの 大事な分かれ目])と命を捨てて戦いました。寄せ手は功高く禄重き大名どもが、ただ味方の大勢を頼みにするばかりで、まことに我が一大事と思う者はいませんでしたので、毎日の軍に、城の中が勝つに乗らぬことはありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-11-07 07:16 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」光明寺合戦の事付師直...      「太平記」越後守自石見引返事(... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧