Santa Lab's Blog


「太平記」諸国宮方蜂起事付越中軍事(その5)

但馬たぢまの国へは、山名左衛門さゑもんすけ・舎弟治部ぢぶ大輔たいふ・小林民部の丞を侍大将にて、二千余騎、大山だいせんを経て、播磨へ打ち越えんとて出でたりけるが、但馬の国の守護仁木につき弾正だんじやう少弼せうひつ安良やすら十郎左衛門、将軍しやうぐん方にて立て籠もりたる城いまだ落ちざりける間、ちやう九郎左衛門くらうざゑもんじよう安保あふ入道信禅しんぜん以下の宮方ども、我が国を差し置いて、他国へ越えん事を心得ず。さらば小林が勢ばかりにても、播磨へ打ち越えんとくはたつるところに、赤松掃部かもんの助直頼なほより大山に城を構へて、但馬の通路を差し塞ぎけるほどに、小林難所を支へられて丹波へぞ打ち越えける。丹波には当国の守護仁木兵部ひやうぶ大輔たいふ義尹よしたか、かねて在国して待ち懸けたる事なれば、やがて合戦ありぬとこそ思えけるに、楚忽そこついくさしては中々悪しかりぬとや思はれけん、和久わくがうに陣を取つて、互ひに敵の懸かるをぞ相待あひまちける。




但馬国へは、山名左衛門佐(山名師義もろよし。ただし右衛門佐)・舎弟治部大輔(山名氏冬うぢふゆ?ただし中務大輔)・小林民部丞(小林義繁よししげ?ただし修理亮)を侍大将に、二千余騎で、大山を経て、播磨へ打ち越えようとしましたが、但馬国守護仁木弾正少弼(仁木頼勝よりかつ?)・安良十郎左衛門、将軍(足利義詮よしあきら。足利尊氏の嫡男)方として立て籠もる城が落ちなかったので、長九郎左衛門尉・安保入道信禅(安保直実ただざね?)以下の宮方どもは、我が国を差し置いて、他国へ越えようとしませんでした。ならば小林の勢だけでも、播磨へ打ち越えようと企てているところに、赤松掃部助直頼(赤松直頼)が大山に城を構えて、但馬の通路を差し塞いだので、小林は難所を防がれて丹波に打ち越えました。丹波では当国の守護仁木兵部大輔義尹(仁木義尹よしただ)が、在国して待ち懸けていましたので、やがて合戦があると思われましたが、楚忽([軽はずみなこと])に軍しても益なしと思ったか、和久郷(現京都府福知山市)に陣を取って、互いに敵が懸かるのを待ちました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-11-16 08:12 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」諸国宮方蜂起事付越中...      「太平記」諸国宮方蜂起事付越中... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧